2023年卸業界展望、エネルギー・原料高騰で未曾有の事態に

週刊粧業 2023年1月23日号 1ページ

カンタンに言うと

  • 物流2024年問題、エネルギーコストの増大で変化の兆し、業界の垣根を越えた最適な物流網を
2023年卸業界展望、エネルギー・原料高騰で未曾有の事態に
 ロシアのウクライナ侵攻から間もなく1年を迎える。円安、原油高によるエネルギーコストや原材料価格の高騰で、流通業全体が未曾有の事態に直面している。

 食品業界では22年4月以降、相次いで値上げが実施され、今年も継続する見通しである。日用品業界は22年春に紙製品、ペット用品が先行して値上げを実施したが、大半のカテゴリーは据え置きの状態が続いた。22年秋冬の新商品発売に合わせ、リニューアル、量目調整などによる価格変更がスタートし、23年度に本格化する見通しだ。

 日用品卸は値上げによって売上を確保しているものの、電力費、物流費等のコスト増を吸収できず、収益面では厳しい状況にある。

あと88%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2023年卸業界展望、エネルギー・原料高騰で未曾有の事態に

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop