花王、9月4日よりイオングローバルSCMと鉄道輸送の往復利用を開始

2014年9月5日 13時24分

花王株式会社(社長・澤田道隆)のロジスティクス部門(以下、花王)とイオン株式会社(社長・岡田元也)の連結子会社で物流を担うイオングローバルSCM株式会社(以下、イオングローバルSCM)は、9月4日(木)より、日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)のご協力のもと、輸送に伴うCO2排出量削減と物流効率化を狙い、イオングローバルSCMと花王で東京⇔福岡間の鉄道コンテナを往復利用します。


【イオングローバルSCMと花王 鉄道輸送往復運用の概要】

具体的取り組み事項

(1)鉄道コンテナの共同利用
東京⇒福岡の往路では花王製品を、福岡⇒東京の復路ではイオンのブランド「トップバリュ」を同じ鉄道コンテナで輸送します。これにより、従来のトラック輸送と比較し往復の配送で約2.8トン程度CO2排出量の削減を図ります。

(2)スムーズなモーダルシフトを実現する「31フィートコンテナ」を使用
従来の12フィートコンテナの約2.5倍の長さの31フィートコンテナは、大型トラック1台分の積載量とほぼ同じであり、トラックから鉄道などスムーズにモーダルシフトが可能です。また、大型トラックと同じサイズであることから荷捌きも効率的です。

取り組みの経緯

■イオン
イオンは2011年に「イオンサステナビリティ基本方針」を発表。「グループの成長」と「社会の発展」を両立させる「サステナブル経営」の実現を目指し、「低炭素社会の実現」「生物多様性の保全」「資源の有効利用」「社会的課題への対応」の4つの重点課題に取り組んでいます。
このような中、イオングローバルSCMは、「低炭素社会の実現」を目指し、北海道や九州向けの衣料品などの輸送を小売各社に先駆けてトラック輸送から順次鉄道輸送に切り替えるなど、ローコストの具現化によるロープライスの実現とCO2排出量削減にも寄与し、環境に配慮した物流を推進しています。

■花王
花王は2009年に、エコロジーを経営の根幹に据え、「環境宣言」を発表しました。
原材料の調達から、設計・輸送・製造・輸送・廃棄までの製品のライフサイクル全体を通じて、環境負荷を低減する“よきモノづくり”を推進しています。

両社は、上記の共通した環境への取り組みを背景に、CO2排出量削減のため鉄道輸送拡大に向けて小売業やメーカー有志により結成された「鉄道輸送研究会」において、鉄道輸送の効率的運用などについて研究してきました。この中で、イオングローバルSCMから花王に今回のCO2排出量削減の取り組みの提案があり、花王はこれに賛同して検討をスタートしました。

今回の取り組みに至る両社連携の検討内容

今回の取り組みは、本年4月から8月にかけての実証検討を経て実現したもので、主に共同輸送の運用面と製品品質について両社連携で検討しました。
共同輸送の運用面については、お互いの発注から納品までに要する時間の確認、発着地での大型コンテナによる積込・荷降しなどについて調整し、対応が可能になりました。
製品品質については、輸送時の温度や振動・コンテナ内装材質の影響などを検証するため、12フィートコンテナを使用した予備検証から始め、31フィートコンテナによる東京⇔福岡間の輸送テストを実施しました。
また、東京⇒福岡の往路で香り付き洗浄剤を載せたコンテナに福岡⇒東京の復路でペットボトル入り飲料水を載せるため、製品へ香りが移ることが懸念されましたが、臭気計による計測や官能評価を重ね、特別な対策を講じる必要がないことを確認しました。
以上の実証検討の結果、31フィートコンテナを共同利用した鉄道輸送が、可能となりました。


【鉄道輸送往復運用実験風景】

今回の取り組みにより期待される効果

■イオン
これまでのトラック輸送と比較して、CO2排出量が約5分の1に削減される見込みです。他の路線での計画も視野に入れ、さらなる環境負荷低減への貢献を推進していきます。今後、鉄道往復便の拡大により運賃のコスト削減も見込まれ、イオンのブランド「トップバリュ」商品の合理的な低価格の実現に寄与します。

■花王
花王では、モーダルシフトに1990年代から取り組んでおり、東京→福岡間では12フィートコンテナによる輸送を実施しています。今回、イオンの提案を受け、約2.5倍の大きさの31フィートコンテナに適応したルートでの積載率向上や荷捌きの効率化が可能になりました。将来はさらに他ルートへの展開が考えられ、さらなるモーダルシフト化の推進を期待しています。
また従来から花王は、お取引先様とトラック輸送を中心に共同配送を実施してきましたが、今後は今回の成果に基づき、異業種企業連携を含めた様々なお取引様との連携を拡げていきたいと考えています。


今後も両社は、多くのステークホルダーの皆さまとともに、持続可能な社会の実現を目指します。

  • お問い合わせ

    花王株式会社 広報部

    電話 03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

アクセスランキング

  1. 1位 8月21日 12時30分
    ロレアル上期決算、4部門全て好調で...
  2. 2位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  3. 3位 8月22日 10時00分
    アンド・コスメ、メンズコスメの枠組...
  4. 4位 8月22日 16時30分
    資生堂、米国ブランド「Tory B...
  5. 5位 8月22日 15時30分
    ACRO、メンズメイクセミナーを開催
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 8月21日 12時00分
    後継者不足などを背景にM&A市場が拡大
  8. 8位 8月22日 11時30分
    日本メナード化粧品会長兼ダリヤ社長...
  9. 9位 8月22日 16時00分
    カネボウ、グローバル戦略ブランド「...
  10. 10位 8月21日 12時00分
    サルボ、人に寄り添う製品開発へ
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  3. 3位 8月9日 13時30分
    花王、肌状態と毛細血管の血流調節機...
  4. 4位 8月9日 12時30分
    カネボウ、シワ改善美容液「カネボウ...
  5. 5位 8月20日 11時30分
    コーセー第1四半期決算、増収減益
  6. 6位 8月9日 11時30分
    第一三共ヘルスケア、トラネキサム酸...
  7. 7位 8月9日 10時30分
    ディー・アップ、売上№1つけまつげ...
  8. 8位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  9. 9位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  10. 10位 7月29日 17時00分
    エコットコスメ、10歳きざみで肌悩...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 8月9日 13時30分
    花王、肌状態と毛細血管の血流調節機...
  3. 3位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  4. 4位 7月5日 15時00分
    岩瀬コスファ、規制対応の崩壊性スク...
  5. 5位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  6. 6位 7月5日 14時00分
    ティーエストレーディング、再生可能...
  7. 7位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  8. 8位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  9. 9位 7月5日 13時00分
    ディムコ、火山灰からなる100%天...
  10. 10位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ