花王社会起業塾、2015年度支援対象起業家決定

2015年9月16日 12時01分

花王株式会社(社長:澤田道隆)は、2010年より、ビジネスの手法で社会課題の解決をめざす若手社会起業家の育成を支援する「花王社会起業塾」を実施しています。このたび、56組の応募のなかから、2015年度に支援する3組の社会起業家を決定いたしました。9月24日より、約6カ月間にわたり、「社会起業塾イニシアティブ」のプログラムを実施し、事業の成長を加速する支援をいたします。

「花王社会起業塾」では、特に家族をとりまく社会課題に目を向けている社会起業家を支援しています。これは、次世代の社会起業家を育成・支援する特定非営利活動法人ETIC.(エティック)主催の社会起業家支援プログラム「社会起業塾イニシアティブ」に参画して実施しているものです。

花王はこれからも、若手社会起業家の育成を通じて、社会課題の解決に寄与してまいります。

特定非営利活動法人ETIC.が主催し、複数企業が連携して社会起業家を育成・支援するプラットフォーム。社会起業家の応募や選考、プログラム運営等は「社会起業塾イニシアティブ」が行なう。花王のほかに、NEC、エヌエヌ生命保険が参画。

2015年度「花王社会起業塾」支援対象社会起業家とそのテーマ(50音順)

●清輔 夏輝さん(特定非営利活動法人チャリティーサンタ 代表理事)
テーマ:「ひとり親家庭の子どもに、サンタクロースで『自己肯定感』を届ける新しい挑戦~単年1万人をめざして~」

「サンタクロースのような想いやりのある人」を世の中に増やし、大人から子どもへ、隣の人へ、そして次の世代へ「想いやりがつながる社会」をめざす。 2008年から行なっている一般家庭へのサンタ活動をより多くの子どもたちに届けるため「ひとり親家庭の子ども」に向けた活動のブラッシュアップを行なう。
http://www.charity-santa.com/

●中山 勇魚さん(特定非営利活動法人 Chance For All 代表理事)
テーマ:「だれでも通えて高品質な民間学童 CFAKids の運営」

今、日本では子どもたちの6人に1人が貧困状態にあり、その一番の問題点は、生まれ育った家庭や環境で貧困が連鎖していくということ。質の高い義務教育制度のある日本で貧困が連鎖するのは、放課後の過ごし方に格差があるからと考え、子どもたちの“放課後”を変えていくことで、生まれ育った家庭や環境で子どもたちの人生が左右されない社会を実現することをめざす。
http://chance-for-all.org

●渡邊 享子さん(合同会社巻組 代表社員)
テーマ:「被災地での地域産業の担い手育成・移住促進のビジネスモデル」

被災した三陸沿岸の地域では、20歳代の若者の市外流出が加速し、地場産業の担い手不足の問題が深刻化している。地域の仕事の魅力を知らないまま市外へ流出してしまう現状の中で、地域の「仕事の場」にもっと多様な若者が関われるように、建築やデザインの力を利用して新しいライフスタイルをつくることをめざす。
http://makigumi.com

【プログラム期間】

2015年9月24日~2016年3月31日(2015年度)

【プログラム内容】

専門家や先輩起業家からアドバイスを受ける機会・合同研修への参加機会を提供し課題の本質をつかみ、事業を徹底的に磨きあげるための支援を行ないます。また、社員との意見交換会を行なうなど、社員との接点の機会も提供していきます。



※これまでに支援した花王社会起業塾生および活動内容等は、花王ウェブサイト「社会貢献の取り組み」のコーナーで公開しています。


※「社会起業塾イニシアティブ」の詳細については、特定非営利活動法人ETIC.(エティック)のサイトをご覧ください。
社会起業塾イニシアティブホームページ:http://kigyojuku.etic.or.jp

  • お問い合わせ

    花王株式会社
    コーポレートコミュニケーション部門
    社会貢献室

    電話 03-3660-7057

    FAX 03-3660-7994

    E-mail: kouho@kao.co.jp

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

アクセスランキング

  1. 1位 4月16日 10時00分
    資生堂、人事異動(2021年5月1日付)
  2. 2位 4月8日 12時30分
    資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメ...
  3. 3位 4月16日 11時30分
    資生堂、就活LIVEストリーミングを開催
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 4月16日 12時00分
    クリエイトSDHD、2020年度第...
  7. 7位 4月16日 11時00分
    ポーラ、大分県との包括連携協定を締結
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 4月16日 10時30分
    ロート製薬、社内起業家支援プロジェ...
  10. 10位 4月15日 14時00分
    花王グループ、化粧品事業部門を新設...
  1. 1位 4月8日 12時30分
    資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 4月16日 10時00分
    資生堂、人事異動(2021年5月1日付)
  5. 5位 4月8日 11時00分
    ノエビア、つややかなハリ肌へ導く「...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 4月14日 11時30分
    ポーラ、幸せ研究所を創設し「永続的...
  8. 8位 4月13日 10時00分
    花王、美容カウンセリング会社を一社化
  9. 9位 4月9日 10時30分
    ロクシタンジャポン、天野総太郎氏が...
  10. 10位 4月14日 12時30分
    資生堂 魚谷社長、キャリアを自ら形...
  1. 1位 4月8日 12時30分
    資生堂、世界初 ノネナールが肌ダメ...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 4月8日 11時00分
    ノエビア、つややかなハリ肌へ導く「...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ