調査レポート

ヤッピーのIT機器使用に関する調査アジア5ヶ国比較(2013年8月26日)

 クロス・マーケティングは2013年7月、国内外ビジネスのアジア市場に対する興味が高まっていること、特にアジア圏の多くの国々において、若いアーバンプロフェッショナル(=ヤッピー(※1))が主に消費を後押ししていると言われていることから、ヤッピーのIT機器利用実態を、アジア5ヶ国(インドネシア/タイ/中国/韓国/日本)で比較した。

調査概要
■対象者条件
• 25‐34歳 男女
• ジャカルタ(インドネシア)、バンコク(タイ)、上海(中国)、ソウル(韓国)、東京(日本)いずれかの都市に在住
• 会社員(派遣・契約を除く)、公務員、教職員、非営利団体職員、自営業、SOHO、専門職(弁護士・税理士・医療関連)いずれかの職に就いている
• 個人月収(/年収)が一定以上
• 〔日本〕過去1年以内にIT機器(※2)を自購入した人/〔日本以外4ヶ国〕/過去2年以内にIT機器を自購入した人
■サンプル数
• 本調査サンプル数:各国200サンプル(5ヶ国総計:1,000サンプル)
■設問数
• スクリーニング:3問/本調査:10問

(※1)ヤッピー(yuppies)とは、一般に、”young urban professionals”の略で、都市部に住む若いエリートプロフェッショナルのことを指す。1980年代にアメリカを発祥として流行語となったが、近年は、アジアなどその他各国の発展市場における特定のターゲットセグメントを指すマーケティング用語として用いられることが多い。
(※2)本稿における「IT機器」の定義:スマートフォン、デスクトップPC、ノートPC、タブレット、電子書籍用タブレット

◆本稿における「ヤッピー」の定義:
• 25‐34歳 男女
• ジャカルタ(インドネシア)、バンコク(タイ)、上海(中国)、ソウル(韓国)、東京(日本)いずれかの都市に在住
• 会社員(派遣・契約を除く)、公務員、教職員、非営利団体職員、自営業、SOHO、専門職(弁護士・税理士・医療関連)いずれかの職に就いている
• 個人月収(/年収)が一定以上(詳細は下記参照)
□インドネシア:400万ルピア/月 以上
□タイ:2万バーツ/月 以上
□中国:5000元/月 以上
□韓国:200万ウォン/月 以上
□日本:20代は400万円/年 以上、30代は500万円/年 以上

■スマホ購入のきっかけ(トップ5)
 スマートフォン購入のきっかけ(トップ5)は、インドネシア・タイ・中国では、日本・韓国と比べて多様な要因が購入契機となっている
 韓国・日本では「プライベートで使いたかった/必要になった」に回答が集中している
 他方、インドネシア・タイ・中国では2位のきっかけが4-5割、5位でも約3割程度と相対的に高い

■タブレット購入のきっかけ(トップ5)
 タブレット購入のきっかけ(トップ5)は、インドネシア・タイ・中国では、スマートフォン購入のきっかけと
同様、より多様なきっかけを経てタブレット購入に至っている
 韓国・日本では「プライベートで使いたかった/必要になった」に回答が集中している
 他方、インドネシア・タイ・中国では、2-5位も相対的に高い

■スマートフォン購入に寄与した情報源(トップ5)
 スマートフォン購入に寄与した情報源(トップ5)は、日本以外の4ヶ国では、テレビやインターネット等、多種の情報源を活用している。インドネシア・タイ・韓国では「テレビ番組・CM」が、いずれも50%前後でトップ
 日本では、「店頭」が主な情報源である。日本では、「店頭で見つけて」が38.6%で1位だが、2位以下の情報源はいずれも20.0%以内に留まり、全体的に回答が分散している
 中国では、「テレビ番組・CM」も40.2%とある程度参考にされてはいるが、「ブランドやメーカーのホームページ」「インターネット上のニュース記事」「口コミサイト・掲示板サイト」といったインターネット上の各種情報サイトが「テレビ番組・CM」を上回る

■タブレット購入に寄与した情報源(トップ5)
 タブレット購入に寄与した情報源(トップ5)は、 5ヶ国すべてに関して、ひとつの情報源に集中せず、多岐にわたる情報源を参考にしている傾向がうかがえる
 ただし、インドネシア・タイ・中国では、上位5項目がすべて4割前後となっており、韓国・日本と比べると、相対的に情報参照率が高い

■スマートフォンの重視点(トップ5一覧表)
スマートフォンの重視点(トップ5)は、韓国・日本では安価な価格設定とデザイン性をスマートフォンに求めていることがうかがえるのに対し、インドネシア・タイ・中国では、新しさ・多機能性をスマートフォンに求める傾向が強い

■タブレットの重視点(トップ5一覧表)
 タブレットの重視点(トップ5)は、どの国も「多機能性」が3位以内であるという点は共通しているが、国毎にそれぞれ特徴が異なる

■スマートフォンの利用シーン
スマートフォンの利用シーンは、インドネシア・タイ・中国・韓国では、日本と比べてスマートフォンの利用シーンが多様である。自宅や移動中のみではなく、仕事関連の場面や公共の場でも比較的積極的に使用しており、全般的に高い
日本では、「移動中・待ち時間」「自宅のプライベートスペース」「オフィス(休憩時)」「レストラン・カフェ・バーなど」の上位4項目は、5割を超えている。5位以下の項目は、他の4ヶ国と比べると利用度合いが低い

■タブレットの利用シーン
 タブレットの利用シーンは、日本以外の4ヶ国の方が、日本よりも利用シーンが多様であり、自宅や移動中のみではなく、仕事関連の場面や公共の場でも比較的積極的に使用している
 「自宅のプライベートスペース」 「移動中・待ち時間」 「自宅の共同スペース」はどの国も総じて高く、4-6割が使用している
 日本では、それ以外のシーンでの使用率はいずれも2割に満たず、使用シーンが自宅と移動中に限定されている傾向がうかがえる

■スマートフォンとタブレットの利用目的
スマートフォンとタブレットの利用目的は、各国それぞれに特徴がみられる

■インターネット上の各種コミュニケーションサービス利用実態
 各国における各種コミュニケーションサービス利用実態を見ると、日本を除く4ヶ国では、「Email」以外にも利用率が9割を超えるコミュニケーションツールが存在している
 どの国でも「Email」が97.5%以上と、最も高い

■FacebookとLINEのコミュニケーション相手
Facebookのコミュニケーション相手は、インドネシア・タイ・中国では、全般的に日本・韓国よりもスコアが高く、様々な属性の相手とより積極的にコミュニケーションをとっていることがうかがえる。他方、韓国・日本では、「親友」「友人・知人」に回答が集中している
LINEのコミュニケーション相手は、タイ・インドネシアでは、全般的にスコアが高い。特にタイは、すべての項目で1位になっている

★本件に関する問い合わせ先★
株式会社クロス・マーケティング 担当 : 来條 貴史 (らいじょう たかし)
東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
TEL : 03-3549-0230 FAX : 03-3549-0221 E-mail : sales-inq@cross-m.co.jp

クロス・マーケティング 消費者調査データは会員限定です。
週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、PDFファイルをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

アクセスランキング

  1. 1位 10月29日 11時00分
    花王と和歌山市、SDGs推進に関す...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 10月29日 12時00分
    日本コルマー、新たに防腐効果試験を...
  6. 6位 10月30日 11時30分
    花王、枯草菌によるタンパク質生産技...
  7. 7位 10月30日 10時00分
    ユニ・チャーム、オーガニックコット...
  8. 8位 10月30日 11時00分
    ユニファースト、環境に配慮したノベ...
  9. 9位 10月30日 12時00分
    アイスタイル、Tmall Glob...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 10月26日 11時00分
    新生エクシア、アルビオングループの...
  4. 4位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  5. 5位 10月26日 10時00分
    カネボウ、ミラノコレクション202...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    花王、菌の最表層に対する抗菌剤の作...
  1. 1位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月12日 14時00分
    ファンケル、マスクを終日着用した際...
  5. 5位 10月5日 10時00分
    花王、トイレの掃除に便利なクイック...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 10月8日 10時00分
    資生堂ジャパン、新戦略発表会202...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ