調査レポート

【クロス・マーケティング自主調査】CVS利用実態調査(2013年10月)

~どのように他業態を使い分けしているか ~

いまや、我々の日々の生活に欠かせない存在になっているCVS(コンビニエンスストア)。

日本フランチャイズチェーン協会調べによると、2013年3月末時点で、同協会加盟チェーンの国内店舗数は、47,510店舗にも及び、従来のCVS市場は飽和との声も聞かれます。

こうした中、CVS各社は、従来のCVSの枠組みを超え、青果販売やカフェ業態の取込み、医薬品販売、宅配などで更なる成長機会を模索しており、業態間の垣根は、従来にも増して低くなっている様子が伺えます。

本調査では、生活者がどのように他業態を使い分けしているかの一端をCVS利用者の視点から明らかにします。

調査方法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 : 全国(47都道府県)の15~69才の男女 過去半年以内にCVSで買い物をした者。
有効回収数 : 本調査 4,902サンプル 男女別 x 年代別 で均等割付
実施期間 : 2013年9月27日(金)~ 2013年9月30日(月)

1.よく利用する商品・サービス

最もよく利用しているCVSで普段よく利用する商品・サービスは、1位「弁当・おにぎり・惣菜・調理めん」、2位「缶・ペットボトル飲料」、3位「食パン・菓子パン・惣菜パン」。

近年取り扱いが増え始めている「生鮮食品」 「一般薬品」 「1杯ごとに淹れるコーヒー・カフェラテ類」の 中では、「1杯ごとに淹れるコーヒー・カフェラテ類」の利用率が最も高い。

2.他業態との使い分け-1.生鮮食品

CVSで「生鮮食品」をよく利用する人では、CVSでの購入頻度が、食品スーパーでの購入頻度を上回る。
この人たちがCVSで「生鮮食品」を購入する理由は、「スーパーよりも近くにあるから」が最も多いが、「価格が安い」「新鮮なものが売られているから」といった価格・商品面での評価も高い。

2.他業態との使い分け-2.一般医薬品

CVSで「一般医薬品」をよく利用する人では、CVSでの購入頻度が、ドラッグ等での購入頻度を上回る。
この人たちがCVSで「一般医薬品」を購入する理由の上位は、「ドラッグストアなどよりも近くにある」「他の商品と一緒に購入できる」こと。

2.他業態との使い分け-3.カフェ

CVSで「カフェ」をよく利用する人では、最利用CVSでのカフェ利用頻度が、他の業態での利用頻度を上回る。
この人たちがCVSで「カフェ」をよく利用する理由は、「手早く購入できるから」が最も多いが、「おいしいから」といった商品面での評価も高い。

3.最も多く利用しているCVS

最も多く利用しているCVSチェーンは、1位「セブンイレブン」、2位「ローソン」、3位「ファミリーマート」。

4.利用頻度と利用時間帯

最利用CVSの利用頻度は、「週1回位」が最も多く、週1回以上の人たちを合わせると全体の6割を占める。月平均利用頻度は6.1回。
利用時間帯は、平日は「夕方:17〜19時」が、土日・祝日は「午後:14〜16時」が最も多い。

5.利用理由

最利用CVSの利用理由は、「自宅から近いから」が6割超で最も多く、次いで、「職場・学校から近いから」 「入りやすいから」。
『立地的な近さ』や『利便性』が上位を占める。

6.CVSに充実して欲しい商品・サービス

充実希望が多かった上位3は、「弁当・おにぎり・惣菜・調理めん」「スイーツ」 「食パン・菓子パン・惣菜パン」。
また、利用率に対し充実希望が多い(ニーズと現状の乖離が大きい)のは、「公的機関の証明書」「一般医薬品」「生活雑貨」「生鮮食品」。
特に「公的機関の証明書」は15ポイントの乖離あり。

7.缶コーヒーの購入頻度・購入先・購入理由

8.商品カテゴリー別・業態別・利用頻度

9.一般医薬品のCVSでの購入経験

★本件に関するお問い合わせ先★
株式会社クロス・マーケティング 担当:来條 (らいじょう)
東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
TEL : 03-3549-0230 FAX : 03-3549-0221 E-mail : sales-inq@cross-m.co.jp

クロス・マーケティング 消費者調査データは会員限定です。
週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、PDFファイルをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

アクセスランキング

  1. 1位 10月29日 11時00分
    花王と和歌山市、SDGs推進に関す...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 10月29日 12時00分
    日本コルマー、新たに防腐効果試験を...
  6. 6位 10月30日 11時30分
    花王、枯草菌によるタンパク質生産技...
  7. 7位 10月30日 10時00分
    ユニ・チャーム、オーガニックコット...
  8. 8位 10月30日 11時00分
    ユニファースト、環境に配慮したノベ...
  9. 9位 10月30日 12時00分
    アイスタイル、Tmall Glob...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 10月26日 11時00分
    新生エクシア、アルビオングループの...
  4. 4位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  5. 5位 10月26日 10時00分
    カネボウ、ミラノコレクション202...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    花王、菌の最表層に対する抗菌剤の作...
  1. 1位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月12日 14時00分
    ファンケル、マスクを終日着用した際...
  5. 5位 10月5日 10時00分
    花王、トイレの掃除に便利なクイック...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 10月8日 10時00分
    資生堂ジャパン、新戦略発表会202...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ