世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

アメリカのメイクアップ市場の現状と将来展望(2014年)

TRENDS

The steep decline in nail polish sales slowed down total colour cosmetics performance in 2014. Nail art has faded from popularity. After growing by 29% in 2012, sales declined by 1% in 2013 and by another 8% in 2014 as consumers moved away from brightly coloured and adorned nails. In addition to fashion trends de-emphasising nail art, the novelty surrounding recent technologies such as nail polish strips and magnetic polishes is gone. The improvement in the US economy is also allowing higher-income consumers to go back to the nail salons instead of doing it themselves at home. In turn, sales of colour cosmetics grew by 1% in 2014 after growing by 4% in 2013. The 1% value sales gain of 2014 was a sharp drop from the 4% CAGR of the review period.

COMPETITIVE LANDSCAPE

L’Oréal USA remained the leader in colour cosmetics in the US in 2014. The company’s four brands - Maybelline, L’Oréal Paris, Lancôme, and Essie - held a combined value share of 23% in 2014, down from 24% in 2013. Its mass-market Maybelline brand was the leading colour cosmetics brand in 2014 with a 9% value share. However, Maybelline saw its value share decline from the 10% share it held in 2013. Much of the value share decline for Maybelline was due to higher overall sales for premium colour cosmetics in 2014.

PROSPECTS

Many women are expected to embrace a more “natural” look in the years ahead. Instead of a full face of makeup using multiple products, consumers are expected to use fewer products and aim for a more bare-faced look. In 2014, two major actresses – Jennifer Aniston and Reese Witherspoon – wore no or little makeup in their movies. On the Instagram social media site, many women are posting makeup-free selfies using the hashtag “IWokeUpLikeThis. In turn, the rise of the “natural” look is expected to lead to low growth for sales colour cosmetics. Colour cosmetics is forecast to increase by 1% CAGR over the forecast period in constant value terms, after a 2% CAGR in constant value terms over the review period. Despite the continued economic recovery, value sales of colour cosmetics are expected to grow by a lower rate in the forecast period.
アメリカメイクアップ市場_2014年_.pdf
サンプルデータはこちら

※サンプルPDFデータは全て英文で記載されております。
※さらに詳しいデータ(有料)につきましては、下記お問い合わせにてお申しつけください。

この記事のお問い合わせはこちら

アクセスランキング

  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月25日 11時30分
    資生堂、高い紫外線防御効果と優れた...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 1月25日 16時00分
    キヤノンITソリューションズ、越境...
  5. 5位 1月25日 11時00分
    ナリス化粧品、ふきとりの日に企業資...
  6. 6位 1月25日 13時00分
    オプト、ブランド開発からCX戦略ま...
  7. 7位 1月25日 12時00分
    ナリス化粧品、オンライン美容部員と...
  8. 8位 1月25日 10時00分
    コスメクリニック、メンズコスメに特...
  9. 9位 1月25日 11時00分
    マンダム、汗腺研究が解剖学の定本「...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月28日 09時30分
    資生堂グループ、新組織体制(202...
  5. 5位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  10. 10位 1月19日 11時00分
    一丸ファルコス、再生医療研究に着目...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 1月12日 15時20分
    花王、感染症に対する手指本来が持つ...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  10. 10位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ