世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

ウクライナのメイクアップ市場の現状と将来展望(2015年)

TRENDS

Despite continuation of the crisis and a current value decline by 2% these factors have had an interesting effect on this category overall. Following global patterns of behaviour, demand has increased more strongly than demand in the other categories, which is impressive since this is a relatively big category in terms of value. The “lipstick effect” has many reasons for its occurrence, but the most notable are to create illusions of a prestigious life and to attract wealthier partners.

COMPETITIVE LANDSCAPE

Benice TOV (formerly Sot Bi TOV) and L’Oréal Ukraine retained leadership in 2014 with a combined value share of 32%. They owe their positions to the goodwill towards the companies and brand recognition amongst the majority of Ukrainians. The perception of the brands Bourjois and Maybelline (Benice) and L’Oréal, (L’Oréal Ukraine) as premium at affordable prices and advertising in mainstream media also supported their leading positions over the review period. L’Oréal Ukraine was followed by the direct sellers Oriflame Cosmetics Ukraine and Avon Cosmetics Ukraine with 14% and 12% value shares, respectively. Both direct sellers have leading positions because their sales are evenly spread across rural and urban areas. In fact, rural areas were not far behind the urban areas in terms of volume sales in 2014, but mostly in value terms, with the rural consumers focused on economy brands whilst medium-priced and premium products appealed mainly to urban consumers.

PROSPECTS

Colour cosmetics is expected to see stagnation in the forecast period. Interestingly, this category is one of the few that is not strongly affected by economic downturns. As local sources state, women in Ukraine do not scrimp on make-up and clothes, and that habit is unlikely to change.
ウクライナのメイクアップ市場_2015年_.pdf
サンプルデータはこちら

※サンプルPDFデータは全て英文で記載されております。
※さらに詳しいデータ(有料)につきましては、下記お問い合わせにてお申しつけください。

この記事のお問い合わせはこちら

アクセスランキング

  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月25日 11時30分
    資生堂、高い紫外線防御効果と優れた...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 1月25日 16時00分
    キヤノンITソリューションズ、越境...
  5. 5位 1月25日 11時00分
    ナリス化粧品、ふきとりの日に企業資...
  6. 6位 1月25日 13時00分
    オプト、ブランド開発からCX戦略ま...
  7. 7位 1月25日 12時00分
    ナリス化粧品、オンライン美容部員と...
  8. 8位 1月25日 10時00分
    コスメクリニック、メンズコスメに特...
  9. 9位 1月25日 11時00分
    マンダム、汗腺研究が解剖学の定本「...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月28日 09時30分
    資生堂グループ、新組織体制(202...
  5. 5位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  10. 10位 1月19日 11時00分
    一丸ファルコス、再生医療研究に着目...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 1月12日 15時20分
    花王、感染症に対する手指本来が持つ...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  10. 10位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ