日本コルマー、「グローバル人財」の育成へ本格始動

週刊粧業 2017年4月17日号 12ページ

2017年4月20日 11時40分

Ss20170417 60

 化粧品・医薬部外品OEM/ODMの国内最大手である日本コルマーは、国内4カ所の研究所に約130名の研究員が在籍し、年間約900品目の新製品を開発している。

 研究所には、有効性・安全性評価などを行う基礎研究、スキンケア・メークアップ・ヘアケアの処方開発といった部門に加え、マーケティング部を設置し、国内外の情報を収集・活用した研究開発戦略を進めている。

 田中克昌取締役に今期の研究方針について話を聞いた。

 ――研究開発の今期(2017年度)テーマについてお聞きします。

 田中 引き続き「新機軸の処方開発」を目指した基剤の開発を進めるとともに、製品付加価値を意識したオリジナル原料「植物エキス・発酵エキス」の開発にも取り組む。

 新機軸の処方開発は、東京工業大学内に開設した「横浜研究所」を中心に、異業種の企業ともコラボしながら取り組んでいる。

 すでに2~3つの処方開発が進んで完成も見えてきた。

 新規性を追求する処方開発では、新規の研究設備・装置の充実化も欠かせない。

 そこで、前期より医薬品や食品、化学など異業種にまで視野を広げて、化粧品の研究開発に活かせる設備・装置の導入を検討してきた。

 今期より本格導入していく予定だ。

 当然ながら、そうした最新鋭の装置や設備を扱い、開発を行うのは人であり、ハードとともに、ソフトの充実化も同時進行で進めている。

 ――具体的には。

 田中 研究開発力の強化に向けては、研究員150名体制にする計画と並行して、「人財」の育成、特に取引が増えている海外企業を意識し「グローバル人財」の育成強化に向けた教育訓練プロジェクトをスタートさせた。

 教育訓練を通して、意欲の高い研究員を人選し、プロジェクトチームを立ち上げ、海外取引先に対しての技術サポートをより強固にしていく。

 また、グローバル対応力を高めるには開発技術力の向上とともに、「開発スピード」への意識も強く持たなければならない。

 業務システム・アプリケーションの導入などIoT推進への投資も進め、生産性向上につなげていく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 12月9日 11時00分
    アイスタイルキャリア、美容部員教育...
  2. 2位 12月8日 14時00分
    カネボウ、「アリィー」に摩擦対応の...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  4. 4位 12月8日 15時00分
    資生堂、IoTスキンケアシステム「...
  5. 5位 12月8日 15時00分
    2017年 化粧品原料業界、本舗の...
  6. 6位 12月8日 13時00分
    ビタミンC60バイオリサーチ、フラ...
  7. 7位 12月7日 11時00分
    カネボウ化粧品、社長・執行役員の異...
  8. 8位 12月8日 14時00分
    アロエガーデン ルミネ大宮店、体験...
  9. 9位 12月8日 13時30分
    一丸ファルコス、原料素材の付加価値...
  10. 10位 12月8日 11時00分
    ポーラ・オルビスHD、研究開発体制を刷新
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 12月4日 11時00分
    資生堂グループ、組織の一部改正(2...
  3. 3位 12月7日 15時00分
    ライオンとアルビオン、「次の一手」着々と
  4. 4位 12月4日 13時00分
    ポーラ、「ホワイティシモ」より薬用...
  5. 5位 12月7日 11時00分
    カネボウ化粧品、社長・執行役員の異...
  6. 6位 12月5日 15時00分
    花王、2018年度グループ基本方針を説明
  7. 7位 12月6日 10時00分
    資生堂、人事異動(2018年1月1日付)
  8. 8位 12月4日 16時00分
    DICグループ、サンケミカル社の光...
  9. 9位 12月8日 15時00分
    資生堂、IoTスキンケアシステム「...
  10. 10位 12月6日 16時00分
    クローダジャパン、3種の新規原料の...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 11月24日 12時00分
    アイスタイル、越境ECに関する勉強...
  3. 3位 11月22日 13時00分
    ナリス化粧品、使いたくなる「ふきと...
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  6. 6位 12月1日 10時00分
    ポーラ化成、多種多量の油の乳化を可...
  7. 7位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  8. 8位 11月29日 15時00分
    ライオン、「第1回デンタルフェステ...
  9. 9位 12月4日 11時00分
    資生堂グループ、組織の一部改正(2...
  10. 10位 12月1日 16時00分
    花王、台湾工場でビューティケア製品...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ