成和化成、ビタミンC誘導体で2つの「世界初」となる成果

週刊粧業 2017年5月29日号 16ページ

2017年5月31日 14時00分

Ss20170529 12

 化粧品・医薬部外品原料の研究開発メーカーである成和化成はこのほど、保湿型ビタミンC誘導体「AmitoseVC」シリーズから世界初となる知見・効果を見出した。迎える「CITE Japan 2017」では、2つの世界初を唱える「ブライトニングビタミンC(VC)」の研究成果を含む全8題の技術発表を行う(※日程・題目は下記広告参照)。

 また、今回は出展ブースにも力が入る。前回(2015年)比2倍となる12コマに広げてケラチンペプチド、紫外線吸収剤内包マイクロカプセルなどの自社開発原料をはじめ、国内総代理店となるSEPPIC社の乳化増粘剤・エモリエント剤、Schulüke&Mayr社の抗菌成分などを詳しく紹介できる体制を整えた。

ブライトニング成分にメラニンの
オートファジー活性化を確認

 保湿型ビタミンC誘導体「AmitoseVC」は、ビタミンCとグリセリンの融合により優れた保湿機能をもつのが特徴で、同社はビタミンC由来の多様な生理活性を活かして美容効果や配合用途の異なるビタミンCを開発し、シリーズ6品目をラインナップしている。

 今回はその一つ「ブライトニングVC」(Amitose HGA/ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸)に、「ビタミンC誘導体による『メラニン輸送阻害』と『メラニンのオートファジー』」という新効果・新知見を発見した。

 「ブライトニングVC」は、他のビタミンC誘導体成分に比べ、高いメラニン産生抑制効果(ブライトニング効果)が確認されているが、そのメカニズムについては明らかにされていなかった。

 今回、そのメカニズム解明を進め、メラノサイト内のメラニンが、オートファジー(細胞リサイクルシステム)活性化によって分解されることを新たに発見した。さらに、「ブライトニングVC」に、そのオートファジー活性化をもたらす「メラニン輸送阻害作用」があることを突き止めた。

 メラニンは、タンパク質の一種であるキネシン、ミオシンVaといったメラニン輸送因子によってケラチノサイトに運ばれ、肌の色素沈着を引き起こすことがわかっている。

 そこで同社は「メラニンのオートファジー」に着目して研究を進め、ケラチノサイトに運ばれなかったメラニンが、メラノサイトの核周辺に集まることでオートファジー現象を引き起し、メラニンが分解されることを確認した。

 つまり、「ブライトニングVC」がメラニン輸送因子の発現自体を抑制しメラニンのケラチノサイトへの移行(輸送)を阻害することで、オートファジーを活性化させ、メラニンの過剰産生を防ぐことができる。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 12月9日 11時00分
    アイスタイルキャリア、美容部員教育...
  2. 2位 12月8日 14時00分
    カネボウ、「アリィー」に摩擦対応の...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  4. 4位 12月8日 15時00分
    資生堂、IoTスキンケアシステム「...
  5. 5位 12月8日 15時00分
    2017年 化粧品原料業界、本舗の...
  6. 6位 12月11日 10時00分
    高砂香料工業、香りはフレッシュ・コ...
  7. 7位 12月7日 15時00分
    ライオンとアルビオン、「次の一手」着々と
  8. 8位 12月8日 14時00分
    アロエガーデン ルミネ大宮店、体験...
  9. 9位 12月11日 15時00分
    2017年 化粧品業界・日用品業界...
  10. 10位 12月11日 10時00分
    天真堂、自社ブランド「サクライム」...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 12月7日 15時00分
    ライオンとアルビオン、「次の一手」着々と
  3. 3位 12月8日 15時00分
    資生堂、IoTスキンケアシステム「...
  4. 4位 12月7日 11時00分
    カネボウ化粧品、社長・執行役員の異...
  5. 5位 12月4日 11時00分
    資生堂グループ、組織の一部改正(2...
  6. 6位 12月8日 14時00分
    カネボウ、「アリィー」に摩擦対応の...
  7. 7位 12月5日 15時00分
    花王、2018年度グループ基本方針を説明
  8. 8位 12月6日 10時00分
    資生堂、人事異動(2018年1月1日付)
  9. 9位 12月6日 16時00分
    クローダジャパン、3種の新規原料の...
  10. 10位 11月11日 13時00分
    日本コルマー・神崎会長、段階的に売...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 11月24日 12時00分
    アイスタイル、越境ECに関する勉強...
  3. 3位 11月22日 13時00分
    ナリス化粧品、使いたくなる「ふきと...
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 12月1日 10時00分
    ポーラ化成、多種多量の油の乳化を可...
  6. 6位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  7. 7位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  8. 8位 11月29日 15時00分
    ライオン、「第1回デンタルフェステ...
  9. 9位 12月4日 11時00分
    資生堂グループ、組織の一部改正(2...
  10. 10位 12月1日 16時00分
    花王、台湾工場でビューティケア製品...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ