資生堂グループ、組織の一部改正(2018年1月1日付)

粧業日報 2017年12月4日号 4ページ

2017年12月4日 11時00分

%e8%b3%87%e7%94%9f%e5%a0%82%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97 %e6%99%ae%e9%80%9a

 〈資生堂の新組織体制〉

 ①ブランドをコアとした成長実現の加速とよりスピーディなブランド戦略の実行をねらいに、「グローバルプレステージブランド事業本部」内を横断する機能を担う「事業戦略部」を解消し、その機能を各ブランドユニットへ移管する。

 ②生活者のインサイト発のブランドマーケティング戦略を立案できる体制の構築、ブランドをコアとした成長実現に必要な経営基盤構築をねらいに、SHISEIDOブランドユニットを構成する「ブランドデベロップメント室」「スキンケア開発室」「マーケティング・コミュニケーション室」を、「ブランドデベロップメント部」「マーケティング部」「コミュニケーション部」に再編する。

 ③ブランド中長期戦略をより確実に推進する組織に進化すべく、現在、クレ・ド・ポー ボーテ ブランドユニットを構成する各機能を、「ビジネスプラニング&オペレーション部」と「プロダクトデベロップメント部」に再編する。

 ④品質評価のスピードアップ・効率化、多様な商品開発の品質評価に対応できる体制の構築、新価値開発を目指す基盤研究機能のアドバンストリサーチセンターへの一元化のために、「品質評価センター」の機能を再編し、「安全性・解析研究センター」へ改称する。

 ⑤R&D、サプライチェーンマネジメント各領域での戦略・企画立案機能のさらなる強化をねらいに、R&Dとサプライチェーンマネジメントを横断する戦略機能を担当していた「技術企画部」を解消し、その採用・研修機能を「資生堂ジャパン人事部」「GIC統括運営部」「SN(サプライネットワーク)改革部」へ移管する。また、brand SHISEIDO、クレ・ド・ポー ボーテ向け開発プロデュース機能は、チーフブランドオフィサーbrand SHISIEIDOの直轄組織として新設する「価値開発プロセス改革室」へ移管する。

 ⑥サプライチェーン領域の抜本的改革と進化をねらいに、「サプライチェーン本部」を「サプライネットワーク本部」に改称するとともに、サプライネットワークと品質の抜本的改革・戦略立案を担う「SN改革部」を新設する。加えて、短期・中長期の双方におけるグローバルS&OP(セールス&オペレーションプラニング)のしくみ改革と実行機能を担う「グローバルS&OP改革室」を設置する。また、国内外生産オペレーションを担当する「生産部」と価値開発・新拠点設立を担う「生産技術開発センター」を統合し、「生産技術部」を新設する。さらに「SCM統括部」を「SN推進部」に改称するとともに、国内事業部門との連携強化を推進する「ジャパン事業連携部」を新設する。

 ⑦昨今の品質トラブルや情報セキュリティ上の課題への対応力の強化、「リスクの未然防止」というミッションを明確にすることをねらいに、「コンプライアンス部」の名称を「リスクマネジメント部」に改称する。

 ⑧経営課題に対応する組織体制の構築と、より優れたクリエイティブ・ワークの実現のため、「宣伝・デザイン部」を経営・マーケティング課題に対応する「クリエイティブデベロップメントユニット」、領域別クリエイティビティとクオリティの追求・実現を図る「デザインエクセレンスユニット」の2つのユニット、アカウンティング・キャスティングなどを本部横断で推進する機能からなる「クリエイティブ本部」に再編する。

 ⑨資生堂グループとして大型投資を行うグローバル標準システムの導入、ICT(インフォメーション&コミュニケーションテクノロジー)基盤整備と機動力、スピード強化をねらいに、「グローバルICT部」を分割し、グローバルICT領域の戦略策定・実行推進、インフラ、情報セキュリティ、コミュニケーションシステムや、EC・CRMなどデジタルのICTプラットフォーム整備機能を担う「ICT戦略・プラットフォーム部」と、グローバル標準システムの企画・導入とビジネス実行のためのシステム運用・開発を担当する「グローバルシステム部」に再編する。

 ⑩高度美容専門職のヘアメイクアップアーティスト、ビューティースペシャリストの創造する価値の発信・伝播活動に特化することをねらいに、「ビューティクリエーション部」内グループ機能を再編、一部機能を「企業文化部」「経営戦略部」、資生堂ジャパン「美容企画部」へ移管し、名称を「ビューティークリエイションセンター」へ改称する。

 ⑪「VISION 2020」実現に貢献する、全社戦略と一体化したグローバル・社内外広報活動の強化のため、「コーポレートコミュニケーション本部」を解消、グループCEO直轄組織として再編し、企業広報、グローバル企業広報・地域本社広報活動支援、技術広報、インナーコミュニケーション・デジタルメディア広報を推進する「グローバル広報部」を新設する。

 ⑫中国地域本社の本格稼動を踏まえ、中国事業改革全般をサポートしてきた「中国事業革新プロジェクト室」を解消し、中国マーケティングサポート機能を経営戦略部に移管する。

 ⑬新規事業による成長加速を実現するため、イノベーションの事業化機能の強化、新規事業領域の事業開発の促進を目的に、「イノベーションデザイン Lab.」を経営戦略部に統合する。

資生堂ジャパンの新組織体制

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 12月11日 15時00分
    2017年 化粧品業界・日用品業界...
  2. 2位 12月11日 16時00分
    フィッツコーポレーション、コラボブ...
  3. 3位 12月11日 10時00分
    高砂香料工業、香りはフレッシュ・コ...
  4. 4位 12月11日 12時00分
    フレグランスアドバイザーM...
  5. 5位 12月8日 14時00分
    カネボウ、「アリィー」に摩擦対応の...
  6. 6位 12月11日 12時00分
    フローフシ、唇のうるおう力を育むリ...
  7. 7位 12月11日 10時00分
    天真堂、自社ブランド「サクライム」...
  8. 8位 12月11日 14時00分
    ルズ、懐かしい和の香水シリーズ「J...
  9. 9位 12月11日 14時00分
    オリーブ健康館、地域密着の薬局型健...
  10. 10位 12月12日 10時00分
    フォルテ、伊ブランド「モノテーム」...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 12月7日 15時00分
    ライオンとアルビオン、「次の一手」着々と
  3. 3位 12月8日 15時00分
    資生堂、IoTスキンケアシステム「...
  4. 4位 12月8日 14時00分
    カネボウ、「アリィー」に摩擦対応の...
  5. 5位 12月7日 11時00分
    カネボウ化粧品、社長・執行役員の異...
  6. 6位 12月8日 11時00分
    ポーラ・オルビスHD、研究開発体制を刷新
  7. 7位 12月9日 11時00分
    アイスタイルキャリア、美容部員教育...
  8. 8位 12月8日 15時00分
    2017年 化粧品原料業界、本舗の...
  9. 9位 12月6日 10時00分
    資生堂、人事異動(2018年1月1日付)
  10. 10位 11月11日 13時00分
    日本コルマー・神崎会長、段階的に売...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 11月24日 12時00分
    アイスタイル、越境ECに関する勉強...
  3. 3位 11月22日 13時00分
    ナリス化粧品、使いたくなる「ふきと...
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 12月1日 10時00分
    ポーラ化成、多種多量の油の乳化を可...
  6. 6位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  7. 7位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  8. 8位 12月4日 11時00分
    資生堂グループ、組織の一部改正(2...
  9. 9位 11月29日 15時00分
    ライオン、「第1回デンタルフェステ...
  10. 10位 12月1日 16時00分
    花王、台湾工場でビューティケア製品...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ