コーセー小林社長、常に新しい取り組みに挑戦

週刊粧業 2018年1月1日号 60ページ

2018年1月11日 15時00分

Ss20180101 75 1

 コーセーは、過去最高の売上を記録した「コスメデコルテ」、オンライン・オフラインとも高成長が継続している「タルト」など、ハイプレステージブランドが国内外ともに好調で、2017年上期業績は、売上高が5期連続、営業利益は3期連続で過去最高を更新した。

 中期経営計画「VISION2020」のPhaseⅡグローバルブランド育成期では、基本戦略のひとつ「世界に通用するブランドの育成」を達成すべく、「重点グローバルブランドの育成」「市場開拓のスピード化」「事業戦略の遂行」の3点の取り組みを強化し、その最終年度となる2020年3月期には世界で存在感のある企業への進化を目指している。

 「好調に甘んじることなく、常に新しい取り組みを進めていく」と語る小林一俊社長に、新年度の課題と抱負についてインタビューした。

2017年上期、売上高は5期連続
営業利益は3期連続で過去最高更新

 ――まず、2017年の国内化粧品市場を振り返っていただけますか。

 小林 国内化粧品市場全体としては、2017年の経産省化粧品出荷統計(1~8月)は、金額が前年比105.6%、数量が前年比101.5%と増加傾向を示しています。

 化粧品業界においては訪日外国人客の増加によるインバウンド消費の拡大などから、百貨店などを中心に化粧品販売が好調で、販売数量・金額とも増大しています。

 また、2016年に化粧品の輸出が輸入を初めて上回ったことで、日本の化粧品の本格的な世界進出に弾みをつける大きな転換期に入ってきたと見ています。

 さらに、昨年の円高基調から円安方向に為替がふれていることから、今後も訪日外国人旅行者の増加が期待でき、化粧品などの消費財のインバウンド需要は引き続き堅調と見られることから、しばらくは化粧品業界全体の実績底上げが続くものと考えられます。

 そのような中、上期連結ベースでは、売上高が1446億1500万円(15.0%増)、営業利益が234億6700万円(25.5%増)、経常利益が239億4000万円(36.1%増)となり、売上高は5期連続、営業利益は3期連続で過去最高を更新しました。

 国内外の比率については、日本が76.7%(売上高=1108億9300万円、伸長率=7.0%)、アジアが10.6%(売上高=154億200万円、伸長率=32.5%)、北米が11.7%(売上高=169億3100万円、伸長率=66.6%)、その他が1.0%(売上高=13億8800万円、伸長率=260.8%)となっています。

 海外売上は前期比23.3%増の337億2200万円となり、海外売上比率については前期比5.7P増の23.3%となっています。

 海外においては、構造改革に目処がついた中国と、免税事業が好調な韓国がアジア全体を牽引したほか、北米や欧州・オーストラリアなどもタルトを原動力に売上を拡大しました。

 日本においては、上期73億円の増収で終了しましたが、そのうちインバウンドの影響による増加分は20億円程度と思われます。

あと82%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月19日 10時00分
    資生堂、新しいチャレンジが次々生ま...
  2. 2位 1月19日 11時00分
    ポーラ、メークが対人のコミュニケー...
  3. 3位 1月18日 16時00分
    カネボウ化粧品、選ばれる価値づくり...
  4. 4位 1月19日 10時00分
    ライオン、「hadakara 保湿...
  5. 5位 1月19日 12時00分
    恵比寿三越、編集平場に旬のブランド...
  6. 6位 1月18日 12時00分
    資生堂ジャパン 杉山社長、PDCA...
  7. 7位 1月18日 14時00分
    コーセー、体感を軸にコスメデコルテ...
  8. 8位 1月18日 10時00分
    アルビオン、「ALBION AWA...
  9. 9位 1月18日 11時40分
    花王 澤田社長、メンバーの意識改革を推進
  10. 10位 1月18日 12時20分
    あらた 須崎社長、組織横断型の業務...
  1. 1位 1月15日 11時00分
    ポーラ・オルビスHD、グループ役員...
  2. 2位 1月19日 10時00分
    資生堂、新しいチャレンジが次々生ま...
  3. 3位 1月18日 16時00分
    カネボウ化粧品、選ばれる価値づくり...
  4. 4位 1月18日 12時20分
    あらた 須崎社長、組織横断型の業務...
  5. 5位 1月18日 14時00分
    コーセー、体感を軸にコスメデコルテ...
  6. 6位 1月17日 12時00分
    ACRO、創業10周年を機に4ブラ...
  7. 7位 1月15日 10時20分
    天真堂、販路拡大・IT・働き方改革...
  8. 8位 1月18日 11時40分
    花王 澤田社長、メンバーの意識改革を推進
  9. 9位 1月18日 10時00分
    アルビオン、「ALBION AWA...
  10. 10位 1月18日 12時00分
    資生堂ジャパン 杉山社長、PDCA...
  1. 1位 12月22日 14時00分
    メディティックサロン協会、再生医療...
  2. 2位 12月21日 10時00分
    エア・ブラウン、Elevance社...
  3. 3位 12月21日 16時00分
    一丸ファルコス、高分子ケラチンで毛...
  4. 4位 12月22日 16時00分
    メディサイエンス・エスポア、「WO...
  5. 5位 12月14日 13時00分
    命の母シリーズ、更年期世代の肌悩み...
  6. 6位 12月21日 13時00分
    クローダジャパン、マンゴー種子脂の...
  7. 7位 12月20日 14時00分
    GSIクレオス、抗炎症効果を持つ天...
  8. 8位 12月15日 18時00分
    @cosme、「ビューティアワード...
  9. 9位 12月20日 16時00分
    成和化成、ダメージ毛のうねりを改善...
  10. 10位 12月19日 19時30分
    ECシステム投資の妥当性をROI(...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ