Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年自然派オーガニックのメーカー&OEMの最新動向

【週刊粧業】2019年自然派オーガニックのメーカー&OEMの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

市場調査会社の矢野経済研究所が2018年12月に発表した2017年度の国内自然派・オーガニック化粧品の市場規模は、前年度比4.9%増の1297億円(ブランドメーカー出荷金額ベース)となった。同研究所では、消費者のライフスタイルの変化や志向の多様化などを受けて拡大基調にあることや、製品の高機能化が進展して一般化粧品から自然派・オーガニック化粧品への切り替え需要を含め、新たなユーザーの取り込みが期待されることから、2018年度は4.1%増の1350億円と推計し、2022年度までは前年度比3~4%台の成長を維持するとの見通しを明らかにしている。
本特集ではメーカー・OEM計11社(アモーレパシフィックジャパン、ローレル、ニールズヤード レメディーズ、ジャパン・オーガニック、やぶうち商会、たかくら新産業、ミロット、マーナーコスメチックス、近代化学、メリードゥビューティプロダクツ、ジュポン インターナショナル)の動向を紹介していく。

発行日
2019年06月10日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.24メガバイト

人気ランキング

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ