Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年下期オーラルケアの最新動向

【週刊粧業】2019年下期オーラルケアの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2019年1~8月(ライオン調べ)のオーラルケア市場は、ハミガキ・ハブラシを中心とした高付加価値化により、前年同期比3.3%増の1619億4000万円と好調に推移している。主要4カテゴリーでは、ハミガキが3.6%増の611億2900万円、ハブラシが2.4%増の327億9000万円、洗口剤が2.2%増の225億4300万円、デンタル用品(歯間清掃具)が7.0%増の136億9000万円となっている。ハミガキ・ハブラシは単価アップによる高付加価値化、洗口剤・デンタル用品は並買促進による買い上げ点数アップが規模拡大に寄与している。関連企業8社(ライオン、サンスターグループ、花王、小林製薬、スモカ歯磨、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン、サンギ、たかくら新産業)を取材した。

発行日
2019年10月28日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.84メガバイト
ページの先頭へ