Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年秋の化粧品容器・パッケージの最新動向

【週刊粧業】2020年秋の化粧品容器・パッケージの最新動向

500円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

国内の化粧品市場は新型コロナウイルスの感染拡大により急激に落ち込んでいる。インバウンド需要の消滅や外出自粛に伴う店舗休業、新商品発売延期など、様々な要因によって消費は大きく冷え込んだ。経済産業省発表の生産動態統計によると、2020年1~7月の化粧品出荷額は前年比16.2%減の8319億2600万円。7月単月のドラッグストア(商業動態統計速報)の全体売上も前年比5.6%増と好調な一方で、ビューティケアの売上は同12.3%減と苦戦している。近年、化粧品業界ではインバウンド需要の拡大によって容器・パッケージの需給バランス正常化が業界の課題となっていたが、昨今は衛生関連商材の売上拡大により新たな需給逼迫が生じている。今特集では、関連企業9社(ツバキスタイル、宮本、ケイズ、進洋、Toly Korea、ネオネクリエーション、グラセル、武内容器、三洋化学工業)を取材した。

発行日
2020年10月19日 
ページ番号
25.26.36~37ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2メガバイト

人気ランキング

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ