Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】ライオン20年12月期第3四半期決算、微増収大幅増益

【週刊粧業】ライオン20年12月期第3四半期決算、微増収大幅増益

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

ライオンの2020年12月期第3四半期連結業績(IFRS、1~9月)は、売上高が前年同期比0.0%増(為替影響除く実質0.9%増)の2620億4000万円、事業利益(日本基準による営業利益)が26.7%増の298億7000万円、営業利益が60.5%増の382億4000万円、当期利益が60.7%増の272億3000万円となった。11月6日に開催された記者懇談会で掬川正純社長は、「新型コロナウイルスの影響により衛生関連品(ハンドソープ、手指消毒液)、巣ごもり消費により台所用関連品の売上が増加した一方、東南アジアでの活動制限の影響もあり海外は前年割れとなり、消費増税前の駆け込み需要の反動影響も重なったことで、売上は前年並みで推移した。ハンドソープや手指消毒剤など利益率の高い商材が好調に推移したことで、事業利益は大幅に増加している」と決算概要を説明した。

発行日
2020年11月30日 
ページ番号
2ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
800キロバイト
ページの先頭へ