Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2021年敏感肌コスメの最新動向

【週刊粧業】2021年敏感肌コスメの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2020年の敏感肌スキンケア市場は約751億円(週刊粧業調べ)となり、インバウンド需要が消失したコロナ禍でも着実に拡大を続けている。マスク着用による肌荒れをきっかけに敏感肌意識が高まっていることや使用部位の広がり、さらには韓国発の「シカクリーム」「シカバーム」が若年層を中心に売上を伸ばすなど、コロナ禍で厳しい状況が続く国内化粧品市場において、さらなる成長が期待できるカテゴリーとして有望視されている。今特集では、有力メーカー10社(花王、ファンケル、アモーレパシフィックジャパン、コーセーマルホファーマ、DECENCIA、ホワイトリリー、ネイチャーズウェイ、CeraLabo、明色化粧品、エトヴォス)が送り出す最新の敏感肌・低刺激コスメを紹介する。

発行日
2021年02月08日 
ページ番号
1,8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.07メガバイト
ページの先頭へ