Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2021年4月号】化粧品原料メーカー・商社8社が持つ有望な美白・サンケア(UV)素材

【C&T・2021年4月号】化粧品原料メーカー・商社8社が持つ有望な美白・サンケア(UV)素材

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

富士経済が行った機能性化粧品の国内市場調査によると、2020年のホワイトニング市場(スキンケア・ベースメーク・ボディケア)は、前年比12.0%減の2622億円(うちスキンケアが10.3%減の2270億円)となり、2021年は、3.7%増の2720億円を見込む。2020年は、ホワイトニング需要が高まる春から夏にかけて、新型コロナウイルス感染症の拡大により、プロモーション展開ができず、外出自粛によるホワイトニングケア意識の低下やインバウンド需要が減少したことで、市場は縮小傾向にあった。今後は、在宅時間の増加により、しみやそばかすに気づいた消費者のケア意識の向上や、シワ改善と美白機能を備えたスキンケアアイテムがスペシャルケアだけでなく日常的に使用される化粧水・乳液・オールインワンでも積極的に展開されることにより、市場が回復することが期待される。

発行日
2021年03月15日 
ページ番号
45~57ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
3.12メガバイト
ページの先頭へ