Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2021年春の化粧品容器・パッケージの最新動向

【週刊粧業】2021年春の化粧品容器・パッケージの最新動向

500円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

化粧品容器・パッケージ業界では、環境配慮型製品の開発競争が過熱化している。地球温暖化や海洋プラスチックごみ問題に対し、大手ブランドメーカーがSDGsやESGを掲げながら環境に配慮したモノづくりへと本格的に乗り出したことで、中間財を担う企業として足並みを揃え、事業成長につなげていく考えだ。また、今回の特集では複数の企業が、コロナ禍でオンラインを活用した営業スタイルに活路を見出している。今特集では、関連企業9社(ケイズ、宮本、ベッセル・ジャパン、進洋、ホシケミカルズ、グラセル、武内容器、浅井硝子、三葵コーポレーション)を取材した。

発行日
2021年03月22日 
ページ番号
1、6~8ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
3.39メガバイト
ページの先頭へ