週刊粧業マーケット

【週刊粧業】シンクタンクが分析する2022年国内化粧品市場

【週刊粧業】シンクタンクが分析する2022年国内化粧品市場

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

コロナ禍で大きく市場環境が変化した化粧品業界は、2021年も外出制限の長期化、外出時のマスク着用の常態化などの影響を受け、9月段階で市場調査会社が発表している21年市場見込みは、前年比1%〜3%増となった。22年については、引き続き感染状況次第となるものの、ワクチン接種が進んでいることもあって、概ね20年市場と同水準での伸長率を予測している。今特集では、シンクタンク5社(富士経済、矢野経済研究所、TPCマーケティングリサーチ、インテージ、True Data)に2021年の国内化粧品市場の見通しや主要カテゴリー・チャネルの動向、今後の展望を尋ねた。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop