週刊粧業マーケット

【週刊粧業】2023年卸業界展望、エネルギー・原料高騰で未曾有の事態に

【週刊粧業】2023年卸業界展望、エネルギー・原料高騰で未曾有の事態に

価格200円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

ロシアのウクライナ侵攻から間もなく1年を迎える。円安、原油高によるエネルギーコストや原材料価格の高騰で、流通業全体が未曾有の事態に直面している。食品業界では22年4月以降、相次いで値上げが実施され、今年も継続する見通しである。日用品業界は22年春に紙製品、ペット用品が先行して値上げを実施したが、大半のカテゴリーは据え置きの状態が続いた。22年秋冬の新商品発売に合わせ、リニューアル、量目調整などによる価格変更がスタートし、23年度に本格化する見通しだ。日用品卸は値上げによって売上を確保しているものの、電力費、物流費等のコスト増を吸収できず、収益面では厳しい状況にある。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop