週刊粧業マーケット

【週刊粧業】2023年敏感肌・低刺激コスメの最新動向

【週刊粧業】2023年敏感肌・低刺激コスメの最新動向

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

TPCマーケティングリサーチが昨年11月に発表した敏感肌コスメ市場の調査結果によると、2021年の同市場は前年比2.4%増の906億円となった。企業別シェアは、花王(21.9%)がトップで、次いで資生堂(11.8%)、第一三共ヘルスケア(10.0%)、ピエールファーブルジャポン(8.4%)、ディセンシア(6.1%)、持田ヘルスケア(5.2%)、同率で常盤薬品工業と全薬工業(5.1%)、コーセーマルホファーマ(4.3%)と続いた。同調査では、2022年の敏感肌コスメ市場について、各ブランドでアフターコロナに向けた商品投入が進むことでさらなる市場拡大が期待され、3.3%増の936億円で推移すると見込んでいる。本特集では、関連メーカー7社(資生堂、花王、コーセーマルホファーマ、ファンケル、日東電化工業、CAC、クオリティファースト)に話を伺った。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop