化粧品トイレタリー業界における「働き方改革」の現状

化粧品トイレタリー業界における「働き方改革」の現状

こちらのコーナーでは、化粧品トイレタリー業界における「働き方改革」の現状について解説しています。

2017年11月 6日

P&Gジャパン

P g%e3%83%ad%e3%82%b4 %e6%99%ae%e9%80%9a

P&Gジャパンでは2016年3月に「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」を発足し、ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)の意義啓発、自社のノウハウを活用したD&Iの研修プログラムの対外提供を進めている。

「制度」だけでなく、その制度を効果的に使っていく「文化や風土」、有効的に使う「スキル」という3本柱が重要。

出典 P&Gジャパン、D&I はイノベーションのための経営戦略

「コンバインド・ワーク」は、時短勤務の進化形として2015年7月に日本限定で導入した。特定の時間に在宅の必要があっても1日の就労時間を確保できる社員が時短勤務ではなくフルタイム勤務ができる機会を提供している。

出典 P&Gジャパン、D&I はイノベーションのための経営戦略

ポーラ

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%ad%e3%82%b4 %e6%99%ae%e9%80%9a

ポーラは、2002年に新創業宣言を発表し、事業の選択と集中、組織風土・マネジメントの変革など様々な改革を実行しており、こうした改革を通し、女性の経済的自立・キャリアアップを支援し、プロや起業家と呼ばれる女性を育成してきた。

「女性起業家リーダー育成プログラム」への取り組みをスタートさせ、人間力の高いプロの人材育成・輩出を続け、女性の自立支援を通じて、ポーラのブランド価値の向上も目指す。

出典 ポーラ、プロ人材の育成に向けキャリアアッププログラムを構築

ユニ・チャーム

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b4 %e6%99%ae%e9%80%9a

ユニ・チャームは、「企業価値の源泉は『人』にあり」という人事理念を掲げており、社員の活性化が企業の持続的成長につながると考えている。

「所定外労働時間の削減」「通年サマータイム制の導入」などの取り組みを進めてきた中で2017年1月、働き方改革の一環として「働き方改革推進室」を新設し、全社員を対象とした「在宅勤務制度」と「インターバル勤務制度」を導入した。

出典 ユニ・チャーム、人材の多様化に合わせ各種制度を導入

マンダム

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b4 %e6%99%ae%e9%80%9a

マンダムは、2008年度より「社員のワークライフバランスの実現」に向けた取り組みを推進しており、人事部内に「ダイバーシティ推進室」を立ち上げた2015年4月以降、女性の活躍推進やグローバル人材の育成強化を目指す企業姿勢をより鮮明に打ち出している。

最近も育休・産休の復帰支援はもとより、介護休暇取得も促すなど多様な就業スタイルを認める方向性を示したばかりだが、今年4月1日には新たに「在宅勤務制度」を導入して、働き方改革をさらに推し進める。

出典 マンダム、「在宅勤務制度」導入で社員も会社も持続的成長の実現へ

社内で最も生産性の高い社員は「時短勤務者」であるとの報告もある。特に時短勤務者の終業前の1時間の集中力がものすごく高いのだという。

出典 マンダム、「在宅勤務制度」導入で社員も会社も持続的成長の実現へ

ファンケル

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%b4 %e6%99%ae%e9%80%9a

女性管理職が約4割にのぼるファンケルは、女性社員への手厚いフォロー体制や男性社員への育児休暇取得促進など、社員の家庭環境をも大事にする制度拡充を行ってきた。子育て層へのサポートを積極的に行っている中で今春、ベテラン社員の長期的雇用を促す独自制度を導入した。

育休産休を自然に取得できる風土があり、産休育休からの復帰率が100%となっている。また、職場復帰後も子供が小学校を卒業するまで時短勤務が可能となっている。

出典 ファンケル、ベテラン社員の長期雇用を促す制度を導入

女性が社会で活躍するためには男性が育児を行う環境づくりが必要であり、男性の育児休暇取得に向けた取り組み等も積極的に行っている。

出典 ファンケル、ベテラン社員の長期雇用を促す制度を導入

アクセスランキング

  1. 1位 11月14日 11時30分
    ライオン、キッザニア甲子園で親子歯...
  2. 2位 1月12日 12時00分
    中野製薬、NAKANO STYLI...
  3. 3位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 2月3日 13時00分
    2022年11月の家庭用洗浄剤出荷...
  6. 6位 2月2日 15時00分
    2023年 化粧品素材市場 機能性...
  7. 7位 2月3日 12時00分
    イオン、年末年始商戦が好調で第4四...
  8. 8位 1月13日 11時00分
    資生堂、「DJSI World」「...
  9. 9位 2月2日 13時00分
    コスモス薬品、ローコスト運営で高品...
  10. 10位 2月3日 11時00分
    ロート製薬とユーグレナ、資本業務提...
  1. 1位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  2. 2位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  5. 5位 1月30日 13時00分
    イオンリテール 井出武美社長、店舗...
  6. 6位 1月30日 13時00分
    小林製薬、2023年春は詰め替えで...
  7. 7位 1月30日 12時00分
    ポーラ、新プロジェクト「FROM ...
  8. 8位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  9. 9位 1月30日 15時00分
    ナリス化粧品、未利用資源の活用を推進
  10. 10位 1月30日 12時00分
    クスリのアオキHD、生鮮・調剤併設...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  4. 4位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)
  7. 7位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  8. 8位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ