コロナ禍のメークアップ、使用しなくなったのは「ほお紅」「口紅」

2020年7月10日 17時15分

Ssn20200729 3

 自然派化粧品ブランド「草花木果(そうかもっか)」を展開するキナリは、2020年6月2日~15日にかけて、約3786名の会員メンバーを対象に、「新しい生活様式を取り入れて起こったライフスタイルの変化」についてアンケート調査を実施した。

 新型コロナウィルス感染防止のための「新しい生活様式」の中にある「一人ひとりの基本的感染対策」には、3つの基本「ソーシャルディスタンスの確保」「マスクの着用」「手洗い」があるが、中でも「マスク着用」は、スキンケアやメークアップ習慣に変化を及ぼしていることが、今回の調査でわかった。

 テレワーク勤務により、おうち時間が増え、外出時のマスク着用が必須となる中、毎日行うメークアップの使用頻度に大きな変化が起きている。

 目もとから下を覆い隠す「マスク着用」により、血色感をプラスする「口紅」や「ほほ紅」を「使わなくなった」と回答した人が25%~30%と目立った。

 「増えた」数値はどれも微増だったが、中でも目立ったのが「ルースパウダー・おしろい」(6%)だった。オンライン会議に出席する際、テカリやベタつき感を抑えるためにも「ルースパウダー・おしろい」は活躍している。マスク着用で外出する際にもササっとつければ肌色が整い、ベースメークの仕上げになくてはならない存在として頻度が上昇傾向となった。

 使用頻度が「変わらない」のは、「化粧下地」(45%)、「アイブロー」(45%)だった。肌色補整効果やテカリを抑える効果を持つ「化粧下地」は、ちょっとそこまでのお出かけや、オンラインで人と接するときに活躍した。また、「アイブロー」は、ノーメークの時でも欠かさず使っているという人が多かった。メークアップの不変的存在の「化粧下地」と「アイブロー」に、環境の変化をものともしない、絶対的エースの存在感が伺えた。

 「使用が減った」のは、「ファンデーション」(51%)、「口紅」(41%)だった。「ファンデーション」は5割も使用頻度が減っている。マスクに付着することを懸念する人が多く、外出機会が減ったことが要因とみられる。また、4割を超えたのは「口紅」で、こちらもマスクへの付着が気になる人が多かった。

 「使用しなくなった」のは、血色感をプラスする2アイテム「ほお紅」(25%)と「口紅」(30%)で、使用しなくなったメイクアイテムの上位にあがった。「マスクで隠れてしまう」「マスクにつくのがイヤ」「洗う時に落ちにくくて大変」などの理由から、この2アイテムの頻度がなくなったと回答した人が目立った。

アクセスランキング

  1. 1位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  2. 2位 3月25日 09時30分
    バスクリン、タンニン酸を配合した薬...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月21日 12時00分
    LUSH、デリバリーサービスのWo...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 7月21日 11時30分
    セブン&アイHD21年度第1四半期...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 7月20日 15時30分
    ウエルシアHD、専門総合店舗に向け...
  9. 9位 7月20日 13時30分
    資生堂、羽田空港T3にアネッサ初の...
  10. 10位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  1. 1位 7月9日 10時30分
    花王、自発的に髪が揃う技術を開発
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 3月25日 09時30分
    バスクリン、タンニン酸を配合した薬...
  6. 6位 7月20日 13時30分
    資生堂、羽田空港T3にアネッサ初の...
  7. 7位 7月16日 16時00分
    化粧品の使用実態【朝】-2021年...
  8. 8位 7月16日 11時50分
    クラブコスメチックス、すっぴんパウ...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 7月19日 15時00分
    ライオン、サプライチェーン イノベ...
  1. 1位 7月9日 10時30分
    花王、自発的に髪が揃う技術を開発
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 6月22日 13時00分
    資生堂、新型コロナワクチンの職域接...
  6. 6位 7月5日 10時00分
    アイビー化粧品、Natural P...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 3月25日 09時30分
    バスクリン、タンニン酸を配合した薬...
  9. 9位 6月29日 13時00分
    プレミアアンチエイジング、急成長の...
  10. 10位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ