ピアラ、伊藤忠商事との連携を機にブランド事業を本格化

粧業日報 2023年4月12日号 4ページ

カンタンに言うと

  • 大胆なリブランディングと緻密な分析・戦略で新価値創出
ピアラ、伊藤忠商事との連携を機にブランド事業を本格化
 ヘルスケア&ビューティ領域でD2Cブランドのマーケティング支援を行ってきたピアラは、グループ傘下のP2C(本社=東京)とともに、韓国コスメブランド「TONYMOLY(トニーモリー)」の日本での独占販売権を取得した伊藤忠商事(本社=東京)と提携し、3月よりトニーモリーの独占販売特約店として販売業務・マーケティング支援を開始した。

 これを皮切りにブランド事業を本格化する。飛鳥貴雄社長に話を聞いた。

 ――今回の新たな取り組みを「ブランド価値創造企業」への転換に位置づけています。詳しく説明していただけますか。

 飛鳥 当社はヘルスケア&ビューティ領域でKPI保証による成果報酬型サービスを軸に様々なブランドのマーケティング支援を得意としてきたが、今後はブランドとの共創によりブランド価値向上と売上拡大に向けて取り組んでいく。

あと82%

粧業日報の有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ピアラ、伊藤忠商事との連携を機にブランド事業を本格化

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop