Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】シンクタンクが分析する2019年の国内化粧品市場

【週刊粧業】シンクタンクが分析する2019年の国内化粧品市場

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

今回取材した6社(矢野経済研究所、富士経済、TPCマーケティングリサーチ、インテージ、True Data、ユーロモニターインターナショナル)の分析をまとめると、2017年の化粧品市場も引き続き、小売・卸・メーカーが一体となって訪日観光客向けの売場づくりや多言語対応カウンセリング、ギフトセットの販売などを強化したことでインバウンド需要の取り込みが進み、トータルではプラスで着地したとの見方で概ね一致している。今後は東京五輪に向けて訪日観光客のさらなる増加が予想され、インバウンド需要の継続的な獲得が進むとともに、日本で化粧品を購入した外国人に対するアウトバウンド需要の獲得も進むものとみられる。

発行日
2018年10月22日 
ページ番号
58~60ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.85メガバイト

人気ランキング

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ