Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2018年CRM戦略の最新動向

【週刊粧業】2018年CRM戦略の最新動向

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

E-Grant社が2015年1月に発起して設立した一般社団法人日本通販CRM協会によると、CRMの必要性が増してきた背景として「新規の獲得が進まなくなってCPOが上がり続け、ニーズが急激に高まってきた」(向徹代表理事)と説明している。現在は通販実施企業や側面支援事業者など約110社が加盟し、相応な所帯規模を形成して活発な活動を展開している。向理事は「日本らしいCRMとは、お客様といかに誠心誠意で向き合っていけるかを考えることではないか」と、進むべき方向を示していた。今特集では、今特集では、CRMに注力する企業3社(E-Grant、イヌイ、HOLO BELL)を取材した。

発行日
2018年11月19日 
ページ番号
8ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
437キロバイト
ページの先頭へ