Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2018年下期化粧品原料の最新動向

【週刊粧業】2018年下期化粧品原料の最新動向

600円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

週刊粧業では、毎年夏と冬の年2回にわたって、化粧品原料特集に取り組み、各社の動向や最新状況をまとめている。今回の取材では、来年開催のCITE Japanを念頭に、「発酵」「微生物」「アンチポリューション」などトレンド性の高い原料や、ナチュラルやオーガニックを訴求できる原料の提案が目立った。今号では、総勢30社(一丸ファルコス、岩瀬コスファ、香栄興業、寿ケミカル、住友精化、JTS、BASFジャパン、マツモト交商、日本精化、セティ、高級アルコール工業、クローダジャパン、GSIクレオス、進栄化学、壽商会、スノーデン、カネダ、シバハシケミファ、東振化学、味の素ヘルシーサプライ、ジェヌインR&D、ビタミンC60バイオリサーチ、DIC、ダイセル、阪本薬品工業、成和化成、エボニック ジャパン、ウィルファーム、アシュランド・ジャパン、ナノエッグ)の協力のもと、最新トレンドと各社の取り組みを紹介する。

発行日
2018年12月03日 
ページ番号
1、8~15ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
6.34メガバイト
ページの先頭へ