Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年ヘアケアの最新動向

【週刊粧業】2019年ヘアケアの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

ヘアケア市場は、人口や世帯数の減少の影響から、長期的に市場の縮小傾向が示唆されている。TPCマーケティングリサーチによると、2018年度のヘアケア製品の市場規模は、詰め替え用大容量タイプの普及などの影響により、前年比0・5%増の4655億円で着地した。一方、2019年については、消費増税による消費マインドの低下が指摘されており、個人消費の低迷が懸念される。こうした状況を踏まえ、各社では高付加価値製品を中心に新製品の投入を進めている。本特集では、厳しさを増すヘアケア市場における各社(コーセー、花王、資生堂、P&G、ユニリーバ・ジャパン、RBP、クラシエホームプロダクツ、KOKOBUY)の動向を紹介していく。

発行日
2019年05月27日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.6メガバイト
ページの先頭へ