Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年サイエンスコスメの最新動向

【週刊粧業】2019年サイエンスコスメの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

「リポソーム化」や「ナノカプセル技術」など、当初は製薬技術として注目されていた科学的知見が化粧品分野に活用された「サイエンスコスメ」は、各社での研究開発が進み、ブランドの付加価値を高める動きが顕在化している。また、近年は富士フイルムなど異業種の参入も見られ、今後さらに研究が進んでいくカテゴリーの1つであることは間違いない。最近では、「サイエンス」を背景に機能性や革新性を打ち出し、ブランドとして強い技術訴求を行うプロモーションも活発化している。本特集では、長年の取り組みにより、さらに進化を続けるサイエンスコスメメーカー各社(コーセー、マンダム、ポーラ、ディセンシア、勇心酒造、ナノエッグ、GST Japan)の動向を紹介する。

発行日
2019年07月22日 
ページ番号
1、6~7ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.93メガバイト
ページの先頭へ