Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】マサヤ一番街店、広域圏からの集客で業績が好調なMASAYA売上№1店

【週刊粧業】マサヤ一番街店、広域圏からの集客で業績が好調なMASAYA売上№1店

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

ドラッグストア大手ウエルシアホールディングス傘下のMASAYAは現在、全国に34店舗の化粧品専門店(カラースタジオ29店・マサヤ5店)を展開している。1974年にJR岡山駅地下街「岡山一番街」の開業と同時にオープンした「マサヤ一番街店」は、2018年度の年商が7億円を超え、MASAYAグループ全店でトップの売上を誇る。今年に入り、日商で同店の過去最高額となる2950万円を記録するなど、着実に業績を伸ばしている。好調を支える取り組みなどについて、高田輝彦会長に話を伺った。

発行日
2019年09月09日 
ページ番号
5ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
329キロバイト
ページの先頭へ