Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年日雑卸業界の最新動向

【週刊粧業】2020年日雑卸業界の最新動向

500円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

卸売業はコロナ禍によって、需要変化の対応や安定供給と同時に、安全な就業環境の確保が迫られている。新しい生活習慣によって、消毒液をはじめ衛生用品の使用が定着する一方、テレワークの普及や外出自粛によってメークアップ化粧品やUV関連が低迷している。また紙製品に関する誤った情報に翻弄され、店頭在庫が消滅し、長期にわたって物流が混乱した。改めて、メーカー・小売業と一体となって、的確な情報を発信する役割を担っていることが確認された。新しい環境下で、需要を創造する商品開拓と効率的な供給体制づくりが求められる。今特集では、関連企業8社(PALTAC、あらた、中央物産、井田両国堂、大木ヘルスケアホールディングス、森友通商、ときわ商会、まさ屋)を取材した。

発行日
2020年09月07日 
ページ番号
1、6~10ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.43メガバイト
ページの先頭へ