Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投資を集中

【週刊粧業】資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投資を集中

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

資生堂は、中高価格帯スキンケア領域をコア事業とする抜本的な経営改革の一環として、TSUBAKIやSENKA、uno等をグローバルに展開するパーソナルケア事業(以下「対象事業」、2019年12月期売上高=約1000億円)をCVC キャピタル・パートナーズ(以下「CVC社」)に約1600億円で売却することで合意した。また、対象事業を新会社に継承させることを前提に、新会社の全株式を保有するOBH社(Oriental Beauty Holding)の完全親会社であるAPCH社(Asian Personal Care Holding)の株式の35%を取得することでも合意した。2015年に「プレステージファースト戦略」を掲げて以来、懸案となっていたパーソナルケア事業について、資生堂が十分にできずにいたマーケティング投資を進めてくれる信頼に足るパートナーに託し、新しい事業モデルを構築することが、将来のパーソナルケア事業の成長のためには最善であると判断した。今後、資生堂は売上の7割強を占める中高価格帯の化粧品事業へ投資を集中させ、高収益体質の確立に努めるとともに、パーソナルケア事業についてはCVC社の豊富な資金力・人材育成力を後ろ盾に、商品開発・R&D・製造で資生堂が側面支援をし、積極的な商品イノベーション、デジタルマーケティング施策、M&Aの機会探索などを並行して進めることで、さらなる事業拡大を目指していく。

発行日
2021年02月22日 
ページ番号
2ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.28メガバイト

人気ランキング

ページの先頭へ