Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】コロナ禍で見えた成長の芽

【週刊粧業】コロナ禍で見えた成長の芽

500円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

新型コロナウイルスの感染拡大により1回目の緊急事態宣言が発出(2020年4月7日)されてから1年が経過した。21年も感染対策の緩和・強化と感染者数の増加・減少を繰り返す中で、回復の見込みは立ちにくい状況にある。希望はワクチンの実用化であるが、コロナ禍前の数年にわたってインバウンド需要を成長ドライバーとしてきた化粧品業界にとって、先ごろ東京五輪で海外客の受け入れをしない方針が決定したことで、回復には時間がかかるとの見方が一層強まった印象がある。一方、長期化するコロナ禍の状況にあって、感染予防対策の観点から衛生・健康へのニーズが高まっているほか、外出自粛やテレワークの導入・普及により、「家ナカ」や「巣ごもり」の適した製品・サービスが話題を集めている。メーカー各社は長引く「ウィズ・コロナ」で、感染予防対策への対応を進めながら、生まれた新たなニーズやトレンドに着目してマーケティングを進め、成長戦略を打ち出すフェーズに入っていく。今特集では、メーカー10社(花王グループ、ライオン、伊勢半、コーセー、ヒノキ新薬、ナリス化粧品、牛乳石鹼共進社、ウテナ、エステー、アクシージア)に話を伺った。

発行日
2021年04月12日 
ページ番号
1、4~8ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.94メガバイト
ページの先頭へ