Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】大手流通業の2022年戦略

【週刊粧業】大手流通業の2022年戦略

300円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

流通業は引き続き、コロナ禍で先行き不透明な状況にある。20年度はマスク、消毒液など衛生用品の特需や巣ごもり需要で、ドラッグストアやSMが好調だったが、緊急事態宣言の発出や外出自粛の影響で、GMSは苦戦を強いられた。ドラッグストア、SMは21年度、前年の反動減が現れているものの、概ねコロナ前の水準を上回り、堅調に推移している。GMSを展開する大手流通業は20年度、グループ企業の業種構成の違いによって明暗が分かれた。21年度上期の業績はGMSの苦戦が続いているものの、連結子会社の収益改善で概ね、増収増益となった。急速な環境変化と新しい消費行動への対応に向け、デジタルの活用などによる構造改革が迫られている。

発行日
2022年01月01日 
ページ番号
14~15ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.94メガバイト

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ