連載コラム

化粧品のリテラシー

2013.09.30

第16回 水ではなく自らの

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

はじめに

 化粧品は、一体何からできているの? と聞かれ、1アイテム当たりおよそ30品目以上の処方構成の中で作られているので......しかし、一番多く使われている原料は水であると思う。まさに水商売である。その次は、処方構成からいってさまざまな油脂がくるのだろう。

 では、その原料はどこで誰がつくったの? と聞かれ、天然由来や合成由来だけでは回答が寂しい。もっと知りたい、きっと先人たちの歴史があるはずである。日本で命名された化粧品原料もある。そこで今回は2人の日本人を紹介しよう。

辻本満丸1)

 明治後半の農商務省所管の東京工業試験所(現在の産業技術総合研究所の前身)の技師であった、辻本満丸博士の話である。辻本はある魚油会社からの依頼により、焼津近海で捕獲されたクロコザメなどの分析を行い、さらに興味をもち小田原産の同種のサメ肝油を手に入れ分析を行った。

 その結果、肝油はケン化が低く多量の不ケン化(アルカリを加えても石鹸にならない物質)を含んでいること、しかも不ケン化物はヨウ素価(二重結合をもっている指標)が極めて高いことなど、従来の魚油と異なる特徴があることを知った。ちなみにサメには浮袋(鰾)がないので、深海で浮力を得るために肝臓に蓄えた脂質を利用している。肝臓は極めて大きく全体重の25%ほどを占め、90%が油により構成されている(図1)。

化粧品のリテラシー1.jpg

(図1 アイザメの肝臓)

 そこで、不ケン化物から分離・精製したところ、ある種の二重結合の多い炭化水素化合物らしい物質が存在することを発見した。1906年(明治39年)に工業化学雑誌1)に発表したことが発見のきっかけとなった。構造が炭素30水素50であることを確認し、この新規炭化水素が学名ツノザメ科(スクワリデー)のサメ(図2)に多いことから、1916年「スクワレン(当初スクァレンと表記)」と命名する。辻本が若干39歳の時である。

化粧品のリテラシー2.jpg

(図2 日本近海のツノザメ科 Squalus brevirostris)

 翌年の1917年、英国のチャップマンは、ポルトガル産のツノザメ科(英国の科名、スピナシデー)でサメ肝油を確認しスピナセンと命名した。しかしその翌年1918年、彼はなぜかスクワレンと同一物ではないことを主張する。その時辻本は、「チャップマン氏の研究が全然独立に行はわれたることを信ずると共に本炭化水素の発見及び命名の先取権は著者の報文にあること明白なるべし」(原文)と述べ、スクワレン命名権を主張し反論した。さらに、辻本は1923年にスクワレンの水素付加物を合成し、分子式で炭素30水素62であることを確認し「スクワラン」と命名した。

 当初スクワレンやスクワランの利用目的が、実は化粧品原料ではなかった。凝固点はきわめて低く-70℃近いし、沸点は常圧で約300℃におよぶ。このような幅広い液状油が当時あまりなかった。よって第二次世界大戦中に、戦車や戦闘機の潤滑油として軍需目的でスクワランは利用されていたのである。

 辻本は、サメ肝油以外にも、海産動物油、淡水産魚油、昆虫油や植物油など広い範囲にわたって、その性状、成分を明らかにしている。化粧品に使われる原料では、香川県小豆島のオリーブオイルにもスクワランが存在することを1936年に見出していたし(植物性スクワラン)、プリスタン、バチルアルコールやキミルアルコールもそうである。研究や実験の内容が几帳面に記録されて整理された手帳のナンバーに、博士の研究に注いだ情熱が感じられる(図3)。

化粧品のリテラシー3.jpg

(図3 辻本博士の研究手帳)

この記事は会員限定です。 週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、続きをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

1955年東京生まれ 工学博士 大分大学大学院工学研究科卒業、化粧品会社勤務を経て日油㈱を2014年退職。 日本化粧品技術者会東京支部常議員、日本油化学会関東支部副支部長、日中化粧品国際交流協会専門家委員、東京農業大学客員教授。 日油筑波研究所でグループリーダーとしてリン脂質ポリマーの評価研究を実施。 日本油化学会エディター賞受賞。経済産業省 特許出願技術動向調査委員を歴任。 主な著書に 「Nanotechnology for Producing Novel Cosmetics in Japan」((株)シーエムシー出版) 「Formulas,Ingredients and Production of Cosmetics」(Springer-Veriag GmbH) 他多数

Img cat10

化粧品のリテラシー

2018.01.19
第33回 余命だけではなく養命
2018.01.19
第32回 女性だけではなく男性にも Part2
2018.01.19
第31回 ワカルではなくワカラナイカナ
2018.01.19
第30回 生気がなくでも世紀を生きる
2018.01.19
第29回 ノーベル賞でない人を述ーべる
2018.01.19
第28回 コケではなく苔
2018.01.19
第27回 女性だけでなく男性にも
2018.01.19
第26回 危らくない油
2016.05.06
第25回 見ずではなく水
2016.02.26
第24回 男性だけではなく女性にも Part2
2015.12.03
第23回 競争ではなく共創
2015.09.30
第22回 リニアではなくシニア
2015.05.29
第21回 男性だけではなく女性にも
2015.03.20
第20回 ブラックではなくゴールドに
2014.06.27
第19回 江戸でなくてもええド
2014.04.21
第18回 オフサイドではなくウェブサイト
2014.01.17
第17回 晴れるではなくハラル
2013.09.30
第16回 水ではなく自らの
2013.06.28
第15回 "そうよ"ではなく商標
2013.04.26
第14回 苗字ではなく明治の頃に
2013.01.15
第13回 コリアではなくコリャなんだ!
2012.11.29
第12回 ヒットではなくヒトのきっと
2012.10.25
第11回 エゴではなくエコ
2012.10.01
第10回 青ではなく赤
2012.09.13
第9回 美化ではなく文化
2012.08.22
第8回 能ではなく脳
2012.07.31
第7回 常識ではなく認識
2012.07.09
第6回 合成品ではなく更生品
2012.06.21
第5回 ペテンではなくパテント
2012.05.30
第4回 GNPではなくGMP
2012.04.27
第3回 天然ではなく合成
2012.04.17
第2回 作るではなく造る
2012.04.04
第1回 ラベルではなくレベル

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  2. 2位 6月14日 15時00分
    アーツ、独自システムで業務効率化を支援
  3. 3位 6月14日 14時00分
    一丸ファルコス、新規オーガニック原...
  4. 4位 6月14日 10時30分
    カネボウ、「KATE」から輝きと透...
  5. 5位 6月14日 12時30分
    アルビオン 小林章一社長、2019...
  6. 6位 6月14日 14時00分
    フェイバリット、製造の最終工程から...
  7. 7位 6月14日 16時00分
    自然派オーガニックコスメ、多チャネ...
  8. 8位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  9. 9位 6月14日 16時00分
    国内物流サービス、人材不足・価格競...
  10. 10位 6月14日 12時00分
    カトー薬院、ホワイトリリー化粧品の...
  1. 1位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  2. 2位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  3. 3位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  4. 4位 6月10日 12時00分
    美人製造研究所、ドクターズコスメの...
  5. 5位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  6. 6位 6月3日 12時00分
    ヤーマン、中国美容機器市場での展開強化へ
  7. 7位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  8. 8位 5月31日 12時00分
    ジュリーク・ジャパン、新製品発表会を開催
  9. 9位 6月4日 12時00分
    nijito、ライフスタイルブラン...
  10. 10位 6月14日 14時00分
    一丸ファルコス、新規オーガニック原...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  3. 3位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  4. 4位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  5. 5位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  6. 6位 6月3日 12時00分
    ヤーマン、中国美容機器市場での展開強化へ
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  9. 9位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  10. 10位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ