連載コラム

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

2020.08.04 流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

new第28回 「地域の健康支え続けて130年」(バーテル ドラッグ ジョージ D.バーテル会長)

【週刊粧業2020年8月3日号4面にて掲載】 シアトルを中心に68店を展開している「バーテル ドラッグ」は、アメリカで最も歴史のある家族経営のドラッグストアチェーンである。あのウォルグリーンの創業が1901年だが、同社はそれよりも旧い1890年である。 今年創業130年の老舗ドラッグストアである。 20年近く前、シアトル南部にある同社本部で、ジョージ D.バーテル社長兼CEOにインタビューし...

執筆者:加藤英夫 週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

2020.07.20 化粧品通販ビジネス実践講座

new第80回 広告クリエイティブが2回目購入率に影響を与える

【週刊粧業2020年7月20日号14面にて掲載】 通販事業を成功させるためには、新規客をいかに効率よく獲得するかがとても大切ですが、そこばかりに気を取られ安い価格のオファーを重視した広告クリエイティブに寄ってしまうと、新規客は獲得できるが、2回目購入に至らないといった課題を抱えることになります。 そこで、新規客を獲得する時点で、本当に必要とする人に商品が届くようターゲットが明確な広告クリエイ...

執筆者:船生千紗子 (株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

2020.06.19 矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

new第49回 7月1日から中国関税再調整、化粧品の関税も引き下げに

【週刊粧業2018年7月16日号5面にて掲載】 2018年5月30日、中国国務院(中央政府)関税税則委員会は2018年7月1日以降の新たな輸入関税率についての正式な通達を出しました。 今回は7月1日に施行された中国関税の再調整について見ていきたいと思います。■引き下げ対象の商品分類と主な引き下げ対象 今回の関税再調整により引き下げとなったとなったのは関税番号ベースで1449品目が対象で、平均...

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

2019.11.27 矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

new最終回(第50回)韓国政府の支援を背景に存在感増す韓流化粧品

【週刊粧業2014年4月7日号4面にて掲載】 ●急成長する韓流化粧品 韓国系メーカー上位5社(アモレーパシフィック、LG生活健康、ミシャ、ザフェイスショップ、スキンフード)の2012年の中国市場での売上高は前年比34.9%増の30億2200万元と大きく成長しています。現状では5社合計しても資生堂の中国売上高に足元は及ばない状態ですが、今後注意深く推移を見ていく必要があると思います。 また、O...

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

2020.06.05 化粧品トレンドを読み解くキーワード

new第29回 ドライシャンプー

【週刊粧業2018年08月27日号4面にて掲載】 「平成」も残すところ半年ほどとなりましたが、振り返ると地震や津波、台風、豪雨など自然災害が非常に多かったように感じます。 さて、そんな時代のなかで近年(再)注目を浴びているのが「ドライシャンプー」です。ドライシャンプーとは、水や湯を使わず、洗い流す必要のないシャンプーを指します。 その歴史は古く、大正末の「髪洗い粉」に遡ることができます。当時...

執筆者:松本 竜馬 TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

2020.07.03 化粧品のリテラシー

new第43回 違いではなく近い

【C&T2020年7月号6面にて掲載】はじめに イソップ童話の「うさぎとかめ」は、足の速いウサギと遅いカメが競走し、油断して眠ったウサギに、カメが勝利する物語だ(図1)。ゆっくりでも着実に前進する大切さを伝える話とされる。これは世界的に有名だが、人や国によって解釈が異なるようだ。 ある国際会議で、エジプトの学者はウサギとカメの競走自体が愚かだと力説し、ウサギにもカメにもそれぞれ良さが...

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

2020.07.22 激変するコスメマーケット

new第57回 本格的に通販の手法を取り入れる店舗販売

【週刊粧業2020年7月20日号2面にて掲載】 今回のコロナ禍では多くの店舗が休業要請を受けた。店舗の武器とも言える「接客」ができなくなり、どのような対策で「売り上げを維持できるか?」を試された期間でもあったように思う。 一部の店舗では、アウトコールや動画配信、Webカウンセリングなど、通販の販売手法を取り入れて購入につなげ、配送で対応したらしい。 休業要請も徐々に解除されているが、現在でも...

執筆者:鯉渕登志子 (株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

2019.11.25 『女心』攻略データベース

new第96回 腹筋女子の満足感

【週刊粧業2019年3月11日号14面にて掲載】 バーゲンで安く手に入れる、ネットのタイムセールがお得だから手に入れるというのは、本来のファッションを楽しむということとは違ってきていると感じていましたが、最近、ここに、体形カバーのファッションというジャンルが加わって、益々、ファッションに対して気持ちが萎えていくのを止めることができません。 一方で、若い女性の間で、身体を鍛えることで、筋肉のつ...

執筆者:中村浩子 (株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

2020.07.21 今日から試せる! PR&販促講座

new第44回 リアルの代替を超えるリモートPRの可能性

【週刊粧業2020年7月720日号5面にて掲載】 この度のコロナ禍は業種・職種を問わず、ビジネス様式をすっかり様変わりさせています。 弊社コスメラウンジも、マイクロインフルエンサー向けリアルイベントを中止し、代わりにWeb会議ツールを活用した「オンラインラウンジ」へと名前を変え開催することとなりました。 今回は、数カ月リモートコミュニケーションに触れ、得られた様々な気づきや発見について書いて...

執筆者:松下令子 美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

2020.07.22 化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

new第71回 美白の差別問題

【週刊粧業2020年7月20日号4面にて掲載】 米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンが、アジアや中東で美白製品の一部の販売を中止することを決めたと、米ニューヨーク・タイムズ紙電子版が報じました。 このニュースは国内でも大きく取り上げられ、化粧品業界関係者だけではなく、SNSでも多くの人が話題にしていました。 化粧品会社の人は「アメリカは肌の色に敏感だから」「グローバル効能表示はすでに苦...

執筆者:廣瀬知砂子 株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

2019.11.25 アジア美容リアルレポート

new第58回 パーソナライズ時代を見据えて

【週刊粧業2018年12月10日号12面にて掲載】 先日、ベンチャーキャピタルなどが主催する美容新規ビジネスについてのイベントに参加してきました。 テクノロジーの分野では、人工知能や人工皮膚など最新技術を取り入れた研究開発が大変盛んになってきているようですが、マーケティングの分野でもパーソナライズ時代の流れを受けて、DIY化粧品や新しいサービスの話があり興味深かったです。 その中で、パーソナ...

執筆者:沖野真紀 中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

2014.06.13 中国美容リアルレポート

new最終回(第22回) 日中関係と中国の消費者心理について

 2013年11月末に中国が防空識別圏を設定したことで、日中関係に再び緊張が走りました。2012年の反日デモ以来、ビジネス面における回復を実感していた矢先だっただけに残念ではありますが、日中両政府及び米国のとるスタンスから鑑みると、今後もこうしたことが度々起きる可能性は低くないと思われます。  この状況下にあってビジネスを続けていくためには、政治情勢の動きに注意するのと合わせて定点観測によ...

執筆者:沖野真紀 中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

2019.11.15 化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

new第37回 化粧品・日用品業界の企業なら知っておきたい商標のファストトラック審査

【週刊粧業2018年11月19日号4面にて掲載】 第34回の当コラムにおいて、商標の早期審査制度をご紹介いたしました。審査期間を2カ月程度まで短縮できる便利な制度である一方、使用証拠の提出を要するなど、少々ハードルが高い面があるのも確かです。 そんな中、特許庁が商標出願について「ファストトラック審査」を導入することとなりましたので、今回はその概要を紹介したいと思います。 「ファストトラック審...

執筆者:髙橋 伸也 フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

2019.11.18 榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

new第96回 覆面調査を活用しよう

【週刊粧業2018年9月24日号4面にて掲載】 私が経営する「フルーツルーツ」は、第2回エステティックグランプリで「モデルサロン部門」「フェイシャル技術部門」ともに全国1位を受賞した経験があります。 もちろん受賞した後の反響も大きかったのですが、やはりエステティックグランプリの予選にあたる覆面モニター調査がサロンの成長、スタッフたちの成長に大きく貢献してくれたと思っています。 エステティック...

執筆者:榎戸淳一 株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

2020.07.27 中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

new第17回 中国上半期最大商戦。これからの中国市場の開拓法は?

【週刊粧業2020年7月27日14面にて掲載】 例年とは異なる雰囲気の中で展開された今年の「618」。上半期最大の小売イベントが終了したわけだが、その経過を見ていると、中国EC業界が新しい時代に入っているのではないか……という疑問がわいてくる結果となった。今回はその様子をクチコミ調査の結果をもとに見ていこう。 今年の618の成果をメディア報道や公式発表などを基に整理を試みた。 京東では202...

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

2011.12.12 アットコスメクチコミトレンド

new第10回 「11年ベストコスメ大賞からみる生活者の購買意識」

 12月1日、アットコスメでは今年で12回目となる2011年ベストコスメ大賞を発表した。  アットコスメのベストコスメ大賞の特徴は、過去一年間を通じて、多くの一般女性たちから寄せられた100万件を超えるクチコミ投稿を集計して決められた『生』のランキングである点。  我々サイト運営者も結果を操作できないのはもちろんのこと、エントリーの対象が最初から限...

執筆者:山田メユミ 株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

2019.11.27 新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

new第51回 AIと会計

【週刊粧業2017年4月10日号4面にて掲載】 今回は、AIと会計について取り上げます。ここ数年のAI(Artificial Intelligence=人工知能)の進歩は目覚ましく、様々な企業がAIを活用したサービスを展開し始めています。 化粧品・トイレタリー業界特有のものとして、AR(拡張現実)テクノロジーにAIを活用したメークが試せるアプリやチャット形式の美容カウンセリング、ユーザーに相...

執筆者:田中計士 新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

2017.09.06 新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

new最終回(第15回) 人事部員が関与する人件費不正

【週刊粧業2015年7月20日号5面にて掲載】 皆さんこんにちは。公認会計士の五藤です。 前回(第13回)では従業員が主体となって行う人件費不正について取り上げました。今回は人事部員や一定の権限を持つ管理職によって行われる事例についてご紹介します。 従業員レベルの手口とは異なり、人事部員や管理職が関係することで人事データの改ざん等、情報の辻褄を合わせるような手法で行われる可能性があり、より発...

執筆者:田中計士 新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

2014.09.22 創業原点を未来へ託す

new最終回(第25回) お客さまへの声掛けはタイミングが大事?

 今回は、セレクト系のアパレル企業A社の事例をもとに考えてみたいと思います。  アパレルのなかでも、ユニクロのようにある程度値頃感のある商品をセルフでお客さまに買い物していただくパターンと、少々価格の高い商品をしっかりと説明した上で買っていただくパターンがあるわけですが、A社はどちらかというと後者の部類に入るでしょう。  すでに日本全国にかなりのシ...

執筆者:川原慎也 (株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

2014.01.22 Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

new最終回(第12回) 再見! 次はビジネスパートナーとして

 中国の古いことわざに「酒香不怕巷子深」という言葉があります。これは、よいお酒ならば深い路地の奥まで、そのよい香りで辿りつくことができるという意味です。品質がよいものならば、特に宣伝しなくてもお客さんはやってくるということでしょう。  昔の中国ならばそうだったかもしれません。しかし今の中国化粧品市場は、さながらオリンピックのようです。世界各国の逸品が集まって、あちこちでよい香りを出していま...

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン) LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

2012.08.06 韓国ビューティーマーケット最前線

new第10回 韓国化粧品のビジュアル戦略

 化粧品を購入する時に影響を与える要素は口コミ、パッケージ、ブランドネームなどさまざまである。  化粧品は美しさを訴求するだけに、イメージが大事であり、そのイメージを作るのにモデルの役割は大きい。特定の化粧品を思い浮かべる時に、自然とそのモデルを連想してしまうからだ。  その時代に一番ホットな話題となる人気のスターや俳優が化粧品モデルになるのは、今...

執筆者:吉田武史 吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

2012.03.14 消費動向から斬り込むマーケティング戦略

new最終回(第7回) 効用を実感できる販売チャネルの条件

 前回までにマーケティングミックスの4Pのうち、Product(製品)、Price(価格政策)、Promotion(販促政策)について紹介しましたが、今回は最後のPlace(販売チャネル政策)です。  Placeとは、どこで売るのか? ということです。広義には店舗か無店舗(通販等)ということから始まり、狭義には同じ店舗であっても専門店なのか百貨店なのかコンビニエンススト...

執筆者:大神賢一郎 産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

2018.01.19 消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

new最終回(第2回) 消費者意識から見るカウンセリング売り場に必要な変革

【C&T2018年1月号10面にて掲載】はじめに 第1回(C&T2017年4月号P.39掲載)では、総合マーケティング支援をおこなう株式会社ネオマーケティングと、マーケティングサイエンスをベースにした市場調査をおこなう株式会社コレクシアが共同で化粧品売り場の選定に関する調査を行った。 そこでは、カウンセリング売り場とセルフ型売り場でのそれぞれの購入者に対し調査を実施し、セルフ...

執筆者:野澤 太郎 (株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 8月4日 13時00分
    コロナ禍の中国市場で⽣まれた「酒精...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    東洋ビューティ 岩瀬史明社長に聞く...
  7. 7位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  8. 8位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  9. 9位 8月4日 11時15分
    コーセー、「インフィニティ 新プレ...
  10. 10位 8月3日 16時00分
    コーセー、メイクキープミストが発売...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  4. 4位 7月30日 09時30分
    セザンヌ化粧品、まるで美容液のよう...
  5. 5位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  6. 6位 7月31日 18時00分
    ロート製薬、ヒアルロン酸が紫外線ダ...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  10. 10位 7月31日 14時30分
    花王、スキンケアで内因性の角層セラ...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 7月13日 15時45分
    ポーラ、ストレスで突然起きる肌の不...
  6. 6位 6月30日 17時20分
    在庫速報.com、ユニクロ、アイリ...
  7. 7位 7月9日 10時00分
    アルビオン、化粧品づくりを一般公開...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ