連載コラム

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

2020.07.03 第43回 違いではなく近い
【C&T2020年7月号6面にて掲載】はじめに イソップ童話の「うさぎとかめ」は、足の速いウサギと遅いカメが競走し、油断して眠ったウサギに、カメが勝利する物語だ(図1)。ゆっくりでも着実に前進する大切さを伝える話とされる。これは世界的に有名だが、人や国によって解釈が異なるようだ。 ある国際会議で、エジプトの学者はウサギとカメの競走自体が愚かだと力説し、ウサギにもカメにもそれぞれ良さが...
2020.06.10 第42回 GOではなく香
【C&T2020年4月号7面にて掲載】はじめに 天然志向の化粧品に好まれていない合成品が、新しい未来を拓いた意外なエピソードをまずは述べたい。 20世紀の良品1)の1つに香水のCHANEL No.5があった(図1)。マリリン・モンローの「寝る時はCHANEL No.5」の名言をご記憶と思う。英語では香水を「付ける」にwearを使う、つまり彼女は「着る」という言葉を掛けて軽妙に答えた。...
2020.06.10 第41回 『変な』ではなく『ヘンナ』
【C&T2020年1月号7面にて掲載】はじめに 昭和の男性アスリートたちがしなかったことに、髪染めがある。1998年のW杯のとき、中田英寿が1人金髪に染めて出場し、プレーでも髪の色でも目立って海外のスカウティングの目に留まる為に染めたと言っていた(図1)。海外の人から見たら、日本人はみんな同じ顔に見えるらしい。図1 98年FIFAワールドカップフランス大会の中田英寿 黒人が同じように...
2020.06.10 第40回 『やめられない』ではなく『止める』
【C&T2019年10月号7面にて掲載】はじめに 私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに体内で「抗体」がつくられ、これらの外敵をやっつけようとする「免疫」という仕組みが備わっている。 ところが、この免疫の仕組みが食べ物や花粉など私たちの体に害を与えない物質に対しても「有害な物質だ!」と過剰に反応し、攻撃をし過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのが「ア...
2020.06.10 第39回 『まぁーもぅー』ではなく『守って』
【C&T2019年7月号6面にて掲載】はじめに NHKのアナウンサーは「ヘアムース」と言わない。資生堂の登録商標だからである。泡状整髪料というらしい。そこまで厳格にルールを守るのかと感心する。 一方で、私たちは便利な暮らしの中で、ルールを守ってどれだけ廃棄をしているだろうか。不燃ごみの中で、中身が残っている化粧品として、口紅、グロス(液体口紅)、マニキュア、アイシャドー、ファンデーシ...
2020.06.10 第38回 『ゆいまーる』ではなく『言いまーす』
【C&T2019年4月号7面にて掲載】はじめに 沖縄は、韓国と中国のように2月の旧正月も祝う。明治政府によって廃藩置県で正式に日本国になったが、もともとは鎖国政策の本土とは別で、東南アジア交易で栄えた万国津梁の450年続いた琉球王国であった。開国させたペリーは、ひと月ほど前に琉球に立ち寄ってから浦賀沖に来ている。 では、その沖縄の文化って何だろうか?中国の三弦(さんしぇん)からニシキ...
2020.06.10 第37回 神だけでなく髪に
【C&T2019年1月号7面にて掲載】はじめに 漫画「サザエさん」の主人公・フグ田サザエさんの年齢は、何歳かご存知だろうか? 答えは、1922年(大正11年)11月22日生まれの27歳、アニメ版では未年生まれの24歳だそうだ。えっそんなに若いの! って思ってしまう。その理由は、彼女の特徴の1つである頭の三方(前頭部・左右の側頭部)にパーマをかけたヘアスタイルではないだろうか。 原作者...
2020.06.09 第36回 違法ではなくいい方に
【C&T2018年10月号6面にて掲載】はじめに 毎日平均1700のカップルが結婚している。しかし残念ながら3組に1組が離婚している。そのためなのか、永遠の愛とは言わないけれど、今時の男子は恋愛に全く興味のない「絶食男子」が多いらしい。 ではこれまでにいわれていた「草食男子」との違いは何だろうか? 回答は「草食系は恋愛に奥手なだけでまだマシだけど、絶食系はもはや女性に心を閉ざしている...
2020.06.09 第35回 SUNではなく燦燦
【C&T2018年7月号6面にて掲載】はじめに   日やけの季節真っ只中のこの時期、「色黒男子」VS「色白男子」、果たして女性はどちらの男性が好きなタイプなのだろうか?1)「色白男子」……55.7%「色黒男子」……44.3% 拮抗する結果だが、「色白」を支持する女性が若干多いようだ。とはいえ両者ともに支持する女性がいる。では、その回答を選んだそれぞれの理由はというと、「男ら...
2020.06.09 第34回 AIだけではなくヒトの愛
【C&T2018年4月号7面にて掲載】はじめに 自動運転や囲碁などで注目されている人工知能(Artificial Intelligence、以下、AI)は、第3次AIブームと言われている(図1)。過去2回は期待されながら失敗している。その原因は、判断ポイント(特徴量)を人間が教えていてAIは考えて行動しなかったことにあった。 予め人間の手で打ち出されたプログラムに従って、機械的に処理...
2018.01.19 第33回 余命だけではなく養命
【C&T2018年1月号7面にて掲載】はじめに 政府が立ち上げた「人生100年構想会議」メンバーのリンダ・グラットン氏が用意したプレゼンテーション資料を見ると、2007年に生まれた日本人(現在10歳くらいの子供)の寿命は、107歳になるのではないかという推計が示された。読者諸氏は、そこまで長生きしないだろうと思うかもしれないが、「人生は、思っていたよりも長い」という現実に直面する覚悟...
2018.01.19 第32回 女性だけではなく男性にも Part2
【C&T2017年10月号8面にて掲載】はじめに ポーラから2017年1月に発売された、医薬部外品の「リンクルショットメディカルセラム」(図1)は、女性をターゲットにしていたはずだった。図1 POLA「リンクルショットメディカルセラム」1) しかし、20gで1万円を超える美容液の1割は男性が購入している。やはり男性であっても、日本初のシワ改善を訴求した商品を求めるのは、本物志向の表れ...
2018.01.19 第31回 ワカルではなくワカラナイカナ
【C&T2017年7月号7面にて掲載】はじめに 今から1000年ほど前の平安時代、不倫のバイブルともいえる!?「和泉式部日記」、デキる女子の前向きブログのような清少納言の「枕草子」、元祖こじらせ女子の宮仕えをつづった「紫式部日記」など---。彼女たちは天皇に仕えていた女性として、京の都で貴族たちと華やかに暮らしていた。 この時期に日本の風土や暮らしに合った文化が生まれた。漢字を基にし...
2018.01.19 第30回 生気がなくでも世紀を生きる
【C&T2017年4月号7面にて掲載】はじめに 女性はいつの時代もいつまでも綺麗に年を重ねていきたい。今は便利な商品が様々出回っているが、だんだん自分には何が合っているのかわからず、化粧品ジプシーになってしまった方は、改めて見直してほしい。昔からずっと愛され続けているロングセラーコスメは、どれもドラッグストアで手に入るものばかりだ。 春・秋に新製品が生まれては消える化粧品の世界で、発...
2018.01.19 第29回 ノーベル賞でない人を述ーべる
【C&T2017年1月号8面にて掲載】はじめに 昨秋は、大隅良典氏の3年連続ノーベル賞受賞に日本中が沸いた。科学技術の先進立国であることを誇りとしたメディアの論調も多かった。 しかし、第1回の候補者は日本人だったし3度の候補者もいた。それは北里柴三郎と野口英世である。北里はドイツ留学中の1890年に血清療法をジフテリアに応用し、同僚であったベーリングと連名で論文を発表した。第1回ノー...
2018.01.19 第28回 コケではなく苔
【C&T2016年10月号10面にて掲載】はじめに 美容家の佐伯チズ女史の座右の銘に、「子供を叱るな、来た道じゃ。年寄り怒るな、行く道じゃ」がある。子供の姿はかつての自分であり、お年寄りは自分の将来の姿を見せてくれている、ということらしい。 しかし、70代でもピンピンコロリを目指して、日夜努力を重ねてはいるもののいずれは介護を受ける日がくるかもしれない。年齢がわからない見た目を目指す...
2018.01.19 第27回 女性だけでなく男性にも
【C&T2016年7月号8面にて掲載】はじめに 世界の広告専門のジャーナリストが審査員を務める、「Epica Awards」を昨年受賞した資生堂CMの『High School Girl? メーク女子高生のヒミツ』は、誰もがまんまと騙された。女子高の放課後の教室で、カメラに謎めいた視線を投げかける美しい女子高生たちに思わず“おーっ可愛い!”。実は教室にいた生徒は、全員、高校生も先生も男...
2018.01.19 第26回 危らくない油
【C&T2016年4月号7面にて掲載】はじめに 一般に油は「肥満のもと」で、不健康と思ってしまう方が多いと思う。化粧品も「油っぽい」 「ベタベタ」はネガティブな表現だ。しかし、私たちの思考や行動の司令塔である脳の約7割は脂質でできている。体は約60兆個の細胞ででき、その細胞をコーティングし、きちんと働けるようにしている主な成分も油、つまり脂肪酸である。 理化学辞典による脂質の定義は「...
2016.05.06 第25回 見ずではなく水
【C&T2016年1月号8面にて掲載】はじめに 約71%を水で覆われている地球は、宇宙の「ハビタブルゾーン」である。地球以外の惑星や衛星は、液体の水で存在する例は少なく氷や水蒸気である。液体の水が存在できる温度範囲は高圧ほど広くなる。 NASA(米航空宇宙局)は、火星に今も液体の水が存在していることを裏付ける観測結果を発表したが、火星のような気圧の低い環境では、液体の水は安定的に存在...
2016.02.26 第24回 男性だけではなく女性にも Part2
【C&T2015年10月号9面にて掲載】はじめに 元気のなさは目にあまる「熟女」ならぬ「熟メン」オヤジの皆さん!バブル崩壊とリーマンショックで「傷ついた戦士」になったままでは、日本の活力は戻ってこない。ある美容調査1)によると、「身体の気になる部分をケアしている」男性は、25~44歳が59.3%となった。 「男の曲がり角」を迎えて、美容に関する意識が高く「中年オヤジ」にはなりたくない...
2015.12.03 第23回 競争ではなく共創
【C&T2015年7月号6面にて掲載】はじめに 30cmのサバから100㎏のマグロが産まれる? この2種ともサバ科に属する“近縁種”であり、遺伝的に近い魚なので今ではその可能性がある。そもそも魚は体外受精で産まれる。そこでマグロを産ませるといっても、マグロの卵や精子をつくる免疫系が未熟な孵化直後のサバの仔魚との協力関係から研究する。すでにこの操作でヤマメからニジマスを産ませることに成...
2015.09.30 第22回 リニアではなくシニア
【C&T2015年4月号7面にて掲載】はじめに 昨年、夢のリニア中央新幹線が着工した。東京-名古屋間を40分、さらに大阪まで1時間7分での到着を目指している(図1)。 大幅な時間短縮によって名古屋までの開業でも、ビジネスや観光などに約10.7兆円の経済効果があると試算している(三菱UFJリサーチ&コンサルティングより)。 超伝導技術の、海外への輸出も日本経済の強みにできる。しかし、大...
2015.05.29 第21回 男性だけではなく女性にも
【C&T2015年1月号10面にて掲載】 はじめに  離婚カウンセラーの岡野あつこ女史によれば、「今は、女性が男性を育てる時代」らしい。男性から幸せにしてもらおうという時代は、とっくに終わり、女性が「貴方を幸せにしてあげる」と言える女性作りを推奨している、つまり"KY(可愛く、よいしょ)の法則で5S(スゴイ!さすが!ステキ!最高!...
2015.03.20 第20回 ブラックではなくゴールドに
【C&T2014年10月号7面にて掲載】 はじめに  『ブラック企業』とは、法律違反あるいはそれに近い過酷な雇用環境で若者を使い捨てる企業のことである。その反対に、初期のキャリアにおいて若者を成長させる企業、さらには社会における雇用の質を向上させる企業を、『ホワイト企業』と呼ぶらしい1)。では今の会社は? と聞かれて、「ブラックではないけど...
2014.06.27 第19回 江戸でなくてもええド
はじめに  日本は、江戸時代に入ると、上流階級だけではなく庶民も化粧をするようになる。この頃の女性の化粧で、肌に塗るものは白粉である。これに濃淡をつけて塗ることで、質感の違いや顔の微妙な立体感を生み出した。水白粉や粉白粉を刷毛で肌に伸ばし、丹念に丸い刷毛ではたき込み、さらに余分の白粉は別の刷毛で拭って落とすという手間のかかるものであった。  和服は...
2014.04.21 第18回 オフサイドではなくウェブサイト
はじめに  2013年夏の参議院選挙から、インターネットを選挙に利用する「ネット選挙」が解禁になった。日本では遊説先の予定など「お知らせのような内容で、盛り上がりに欠けた」との声がある一方で、米国ではオバマが最初の大統領選でネットを使って巨額の寄付金を集め、韓国の大統領選にも2007年に採用されている。  今や、インターネットを無視して誹謗や中傷の...
2014.01.17 第17回 晴れるではなくハラル
はじめに  2020年のオリンピック開催地の東京のライバルは、イスタンブールだった。国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会に市民の支持率の高さと「イスラム圏初の開催」をアピールしていた。イスラムと聞くと、原理主義、テロ、宗派対立といった一側面が極端に拡大歪曲されたイメージが先行するが、実はこの地域は、ポストBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)市場としてとても...
2013.09.30 第16回 水ではなく自らの
はじめに  化粧品は、一体何からできているの? と聞かれ、1アイテム当たりおよそ30品目以上の処方構成の中で作られているので......しかし、一番多く使われている原料は水であると思う。まさに水商売である。その次は、処方構成からいってさまざまな油脂がくるのだろう。  では、その原料はどこで誰がつくったの? と聞かれ、天然由来や合成由来だけでは回答が...
2013.06.28 第15回 "そうよ"ではなく商標
はじめに  NHKの大河ドラマ『八重の桜』のヒロイン、山本八重は2度結婚している。最初の相手は洋学者の川崎尚之助で、川崎尚之助の妻と記載された史料はあっても、「川崎八重」の記述は見出せない。新島襄と再婚した1876年の時点でも「山本八重」と名乗っていただろう。「新島八重」と名乗るのは、1898年に明治民法が施行されたのちのことである(図1)。 (図...
2013.04.26 第14回 苗字ではなく明治の頃に
はじめに  姓氏研究家の森岡浩によると、日本人の苗字30万種のベスト10は佐藤、鈴木、田中、渡辺、伊藤、山本、中村、小林、加藤の順であるという。友人・知人、ご近所に同姓の方が何人もおられることだろう。明治政府は、1870年(明治3年)に「平民苗字許可令」を発令し、それまで貴族と武士しか名乗れなかった苗字を平民も名乗れることを許可したが、平民は税金徴収策と疑い許可を求める...
1 

プロフィール

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

1955年東京生まれ 工学博士
大分大学大学院工学研究科卒業、化粧品会社勤務を経て日油㈱を2014年退職。
日本化粧品技術者会東京支部常議員、日本油化学会関東支部副支部長、日中化粧品国際交流協会専門家委員、東京農業大学客員教授。
日油筑波研究所でグループリーダーとしてリン脂質ポリマーの評価研究を実施。
日本油化学会エディター賞受賞。経済産業省 特許出願技術動向調査委員を歴任。
主な著書に
「Nanotechnology for Producing Novel Cosmetics in Japan」((株)シーエムシー出版)
「Formulas,Ingredients and Production of Cosmetics」(Springer-Veriag GmbH) 他多数

Img cat10

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 9月28日 15時00分
    ポーラ・オルビス、ANAと化粧品を...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  6. 6位 9月29日 12時00分
    キリン堂HD、ファンドとの協業で株...
  7. 7位 9月29日 12時00分
    阪本薬品工業、100%植物系の化粧...
  8. 8位 9月29日 11時30分
    資生堂、ベネフィーク新ミューズに安...
  9. 9位 9月29日 16時00分
    GEウェルネス、毛細血管の受容体「...
  10. 10位 2月8日 14時00分
    花王、長谷部佳宏専務が代表取締役に昇格
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  4. 4位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  8. 8位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  9. 9位 9月23日 11時00分
    ウーノのオールインワンジェル、男性...
  10. 10位 9月24日 10時00分
    資生堂ジャパン、在宅勤務中の肌事情を調査
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ