連載コラム

化粧品のリテラシー

2014.01.17

第17回 晴れるではなくハラル

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

はじめに

 2020年のオリンピック開催地の東京のライバルは、イスタンブールだった。国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会に市民の支持率の高さと「イスラム圏初の開催」をアピールしていた。イスラムと聞くと、原理主義、テロ、宗派対立といった一側面が極端に拡大歪曲されたイメージが先行するが、実はこの地域は、ポストBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)市場としてとても注目されている。

 世界のクレーンの3分の1が集結していると言われているアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。街の巡回パトカーとして1台3800万円のランボルギーニが走り、2010年に完成した世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリーファ(Burj Khalifa)」がそびえる。東京スカイツリーより194m高い全高828.0m、160階建てだ(図1)。

化粧品のリテラシー図1.jpg

(図1 世界一高い超高層ビル ブルジュ・ハリーファ1))

 さらにこの地域では、高さ1400mの「ナキール・タワー」、高さなんと2400mの400階建ての「ドバイ・シティ・タワー」も予定されている。近隣のクエートに高さ1001mの「ブルジュ・ムバラク・アル=カビール」、サウジアラビアに1600mの「キングダム・タワー」の建設計画があり、バーレーンでも高さ1022mの「ムルジャン・タワー」の計画が浮上している。2007年から続く世界金融恐慌で計画を危ぶむ声もあるが、旭日昇天の"晴れる"勢いが凄い。

 日本ではイスラムについてはまだ十分には理解されていないのが現状である。そこで今回は、イスラム圏の化粧品市場について考えてみたい。

イスラムのハラル市場2)

 イスラム教徒はアラブの中東以外に、アセアン、インド、バングラディッシュやパキスタンなどの南アジア、東南アジアのアセアン、アフリカなど広範囲に居住していて、2011年時点での人口は世界中で19億人に達している。これは世界人口70億人の28%、すなわち世界の人の4人に1人以上がイスラム教徒ということになる。2020年までに20億人を超えると予測されてインド(12億1000万人)、中国(13億5000万人)を超える規模である(図2)。

化粧品のリテラシー図2.jpg

(図2 イスラム教徒の人口分布2))

 インドネシアやマレーシアに代表されるイスラム諸国は、人口と経済が急拡大している(図3)。

化粧品のリテラシー図3.jpg

(図3 マレーシア(左)とインドネシア(右)の所得別人口構成予測3))

 経済成長が著しいことから市場は、年間2兆1000億ドル(310兆円)規模のビジネス環境も構築されつつある。イスラム市場と言っても特殊な市場ではない。幅広い分野で多くの日本企業が進出し、大量の日本製品が流通しているインドネシアやマレーシアは、イスラム市場である。

 イスラム法の下では、豚やアルコールなどを口にすることが禁じられている。また、牛肉や鶏肉もルールに従ってと殺処理されたものでなければならない。そのため、イスラム教徒の多い国に流通する製品には、ハラル認証を添付している例もある(図4)。

化粧品のリテラシー図4.jpg

(図4 食品、飲料、歯磨き粉などのハラル認証製品)

 ハラル(Halal)は、イスラム法で許された項目をいう。主にイスラム法上で食べられる物のことを表す。正しい発音はハラールになるが一般にはハラルと表記している。反対に、口にすることを禁止されている物をハラーム(Haram)と言い、この語は「禁じられた」という意味でハーレムと同じ語源である。つまり、輸出の場合ハラルに準じていることが重視される。宗教に基づくため多くの日本人には理解し難い点があるが、正しく理解することは必要不可欠と言える。

ハラルの化粧品原料4)

 ハラル制度は、食品が中心で化粧品・トイレタリー製品を対象としていない。しかし、イスラム教徒の女性は、豚由来の成分やアルコール分を含む化粧品の使用に宗教的な罪悪感を覚えるとされる。このような需要に対してハラル化粧品を開発する動きがある。そこで化粧品で問題となるであろう豚由来の原料を表1に示す。

17-化粧品のリテラシー表1.jpg

(表1 豚由来原料とその配合化粧品例)

 豚脂(脂肪酸トリグリセライドが主成分)は、石鹸や質感向上剤として口紅に利用されている。グリセリンやその合成物のジグリセリンは保湿剤として広く化粧品に利用される。豚皮由来のコラーゲンは、注目の化粧品原料である。コラーゲンは主に保湿剤の目的で広く使用されるほか、飲む化粧品としても利用されている。

 コラーゲンペプチドの型でも同様の用途に利用されている。また、豚由来のL-システインは毛髪のパーマネント・ウエーブにも使われる。豚以外のエタノールは、化粧品の溶剤、香料などのエッセンスの抽出として広く利用されている。

 インドネシア・ウラマ評議会の食品・薬品・化粧品審査会(宗教学者がイスラム法に基づいた見解を示す官製のイスラム法学組織 LPPOM MUI)で、専務取締役であるルクマヌル・ハキム氏は、2010年に以下のように述べた5)。

 まず口紅は、ハラームもしくは不浄の可能性がある成分が見出される。いくつかの油性成分が挙げられる。例えば、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸アスコルビルである。使用されている動物由来原料は、イスラム的に屠殺されているべきという。

 同氏によれば、唇に塗りつけるだけでも使用者が、消費した食品や飲料を通じて体の中に入る可能性があるという。「そのため、この脂肪はハラームであると同時に、不浄であると位置づけられることもある。もし不浄と位置付けられれば、そのような成分に汚染され、我々はどのようにしてアッラーの神に対する宗教的義務を行うことができるのか」と同氏は警告した。

 2番目にコラーゲン。「現在最良で、化粧品によく使用されるコラーゲンは、豚由来のコラーゲンだ」と同氏は述べる。

 3番目にトコフェロール。植物由来でも「安定を保つために、豚のゼラチン由来の可能性がある」と同氏は述べた。

 4番目にラノリン。これは動物由来でありうる油または脂肪の一種だ。動物由来であることから、屠殺過程がイスラム法に合致していることを述べている。イスラム法とは、例えば、食肉処理であれば、原則はナイフであり、動物にショックを与え続けないため羊の電気ショックのガイドラインは電流0.70~1.20A、通電時間2.00~3.00秒とある。苦痛を与えない屠殺処理をされた動物達を、不衛生な方法で管理しない、清掃が行き届いて、環境が国内基準値内であることを示す。

この記事は会員限定です。 週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、続きをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

1955年東京生まれ 工学博士 大分大学大学院工学研究科卒業、化粧品会社勤務を経て日油㈱を2014年退職。 日本化粧品技術者会東京支部常議員、日本油化学会関東支部副支部長、日中化粧品国際交流協会専門家委員、東京農業大学客員教授。 日油筑波研究所でグループリーダーとしてリン脂質ポリマーの評価研究を実施。 日本油化学会エディター賞受賞。経済産業省 特許出願技術動向調査委員を歴任。 主な著書に 「Nanotechnology for Producing Novel Cosmetics in Japan」((株)シーエムシー出版) 「Formulas,Ingredients and Production of Cosmetics」(Springer-Veriag GmbH) 他多数

Img cat10

化粧品のリテラシー

2018.01.19
第33回 余命だけではなく養命
2018.01.19
第32回 女性だけではなく男性にも Part2
2018.01.19
第31回 ワカルではなくワカラナイカナ
2018.01.19
第30回 生気がなくでも世紀を生きる
2018.01.19
第29回 ノーベル賞でない人を述ーべる
2018.01.19
第28回 コケではなく苔
2018.01.19
第27回 女性だけでなく男性にも
2018.01.19
第26回 危らくない油
2016.05.06
第25回 見ずではなく水
2016.02.26
第24回 男性だけではなく女性にも Part2
2015.12.03
第23回 競争ではなく共創
2015.09.30
第22回 リニアではなくシニア
2015.05.29
第21回 男性だけではなく女性にも
2015.03.20
第20回 ブラックではなくゴールドに
2014.06.27
第19回 江戸でなくてもええド
2014.04.21
第18回 オフサイドではなくウェブサイト
2014.01.17
第17回 晴れるではなくハラル
2013.09.30
第16回 水ではなく自らの
2013.06.28
第15回 "そうよ"ではなく商標
2013.04.26
第14回 苗字ではなく明治の頃に
2013.01.15
第13回 コリアではなくコリャなんだ!
2012.11.29
第12回 ヒットではなくヒトのきっと
2012.10.25
第11回 エゴではなくエコ
2012.10.01
第10回 青ではなく赤
2012.09.13
第9回 美化ではなく文化
2012.08.22
第8回 能ではなく脳
2012.07.31
第7回 常識ではなく認識
2012.07.09
第6回 合成品ではなく更生品
2012.06.21
第5回 ペテンではなくパテント
2012.05.30
第4回 GNPではなくGMP
2012.04.27
第3回 天然ではなく合成
2012.04.17
第2回 作るではなく造る
2012.04.04
第1回 ラベルではなくレベル

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 6月21日 13時30分
    矢野経済、2018年度のエステサロ...
  2. 2位 6月21日 15時00分
    スギ薬局、ビューティを核にした都市...
  3. 3位 6月21日 14時00分
    マンダム、ギャツビーはSNS軸にフ...
  4. 4位 6月21日 14時30分
    花王グループ、化粧品事業の新成長戦...
  5. 5位 6月21日 12時30分
    花王、研究開発の効率を向上させる「...
  6. 6位 6月21日 11時30分
    資生堂、「HAKU」から先端科学×...
  7. 7位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  8. 8位 6月21日 12時00分
    資生堂ジャパン、「ウーノ」オールイ...
  9. 9位 6月21日 10時30分
    コーセー、「ネイル ホリック」に爪...
  10. 10位 6月21日 13時00分
    バスクリン、頭皮ニオイもケアする育...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 6月18日 14時00分
    環境経営HD、安定型徐放性ハイドロ...
  3. 3位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  4. 4位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  5. 5位 6月10日 12時00分
    美人製造研究所、ドクターズコスメの...
  6. 6位 6月4日 12時00分
    nijito、ライフスタイルブラン...
  7. 7位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  8. 8位 6月18日 12時00分
    ローラ メルシエ、デジタル領域も活...
  9. 9位 6月18日 10時00分
    ミラーレスコスメ、忙しい女性のキレ...
  10. 10位 6月17日 16時00分
    BCLカンパニー、鏡がなくてもキレ...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  3. 3位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  4. 4位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  5. 5位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  6. 6位 6月3日 12時00分
    ヤーマン、中国美容機器市場での展開強化へ
  7. 7位 5月31日 12時00分
    ジュリーク・ジャパン、新製品発表会を開催
  8. 8位 6月10日 12時00分
    美人製造研究所、ドクターズコスメの...
  9. 9位 6月4日 12時00分
    nijito、ライフスタイルブラン...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ