連載コラム

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

2020.01.07

第23回 ドラッグストアチェーンのアジア戦略

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

【週刊粧業2016年4月4日号5面にて掲載】

 今回はドラッグストアチェーンのアジア戦略についてご紹介したいと思います。

・ウエルシアホールディングス

 同社の海外事業は、中国の合弁会社「聯華毎日鈴商業(上海)有限公司」を通して上海を中心に海外店舗を出店しています。2016年までに中国で大衆薬販売に乗り出し、上海市などで化粧品や日用品を扱う店舗で販売し、日本のドラッグストアに近い品ぞろえにする予定です。出店先はイオンが展開する日系ショッピングセンターを中心に、今後3年で店舗数と売上高を現在の4倍の20店、20億円に高める方針です。

・キリン堂ホールディングス

 同社は12年12月に中国第1号店を出店しました。また、同社グループのBEAUNETCORPORATION LTDは、ソフト面であるプロデュース力とハード面である化粧品取扱量及びブランド数の多さを強みに、日本の化粧品メーカーの中国市場アクセスのプラットホーム化を推し進めています。

 15年7月には、中国最大の日用雑貨卸売市場である義烏市国際商貿城の輸入商品区画内に常設のショールームを開設しました。本ショールームでは、現地の社員が、日本の中国未進出企業や中国代理店の再構築を検討されている企業の総代理店として輸入した商品を本ショールームに展示し、現地の社員が取引先であるメーカーの意向をベースに中国国内でエリア代理店を求める業者との商談代行を実施します。今後は、グループとしての総合力を強化することで、取引先であるメーカーをサポートし、中国全土への代理店網の構築を図っていく方針です。

・ココカラファイン

 同社は東アジアでの展開を強化しています。12年から中国では100%出資の現地法人による店舗展開をスタートさせており、ロシアでもドラッグストア関連事業展開に関する基本合意を締結してロシアに合弁会社を設立している他、ベトナムでは現地企業との日本式ドラッグストア共同運営に関する覚書を締結、タイでは現地企業へのPB商品を中心とする卸事業など、将来の事業展開に向けた布石を打っています。今後はこれら各地域の拠点が連携しながら、東アジア地域での存在感を高めていくとしています。

・ツルハホールディングス

 同社は12年7月、タイに海外1号店「ツルハドラッグゲートウェイ・エカマイ店」をオープンして海外進出を果たしました。同店はタイ国で医薬品の販売許可を取得しており、薬剤師が常駐して医薬品の販売を行なっています。グループでは、タイ国内におけるドミナント展開を目指して積極的な出店を進め、バンコクを中心に現在24店舗を展開しています。
 今後は、タイ国を起点にASEAN諸国、アジア地域への多店舗展開に向けて、海外事業のさらなる推進を図る計画です。

・トモズ

 同社は親会社の住友商事が台湾でスーパーマーケットを展開する三商行と共同で設立した合弁会社を通じ、同年12月に台北市に「トモズ」の1号店をオープンし、台湾進出を果たしています。15年6月には、現在の13店から16年度に30店前後と2倍以上に増やすとしています。日系メーカーの化粧品や生活用品の人気が高く、既存店の売り上げも好調なことから、店舗網を広げて女性やビジネスマンの需要を取り込む計画です。

・マツモトキヨシホールディングス

 同社はタイの大手企業であるセントラルグループ傘下でスーパーマーケットなどを運営するセントラル・フード・リテールと協業し、14年4月からスーパー「トップス」23店でマツモトキヨシのプライベートブランド商品を販売すると同時に市場調査を本格化、15年10月にドラッグストア「マツモトキヨシ」の海外1号店をタイの首都バンコクの商業施設「セントラル・ラプラオ」にオープンしました。同社は、タイで早期に100店体制を目指しています。

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

2000年に矢野経済研究所に入社後、主にビューティー・リラクゼーション業界の市場調査、分析業務を担当。また、調査・分析業務だけでなく、中国市場進出支援、販路開拓支援、新規事業支援、地域振興・産業振興支援などのコンサルティング業務も手がけている。

http://www.yano.co.jp/asean_india/index.php

Img cat9

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

2020.01.07
第23回 ドラッグストアチェーンのアジア戦略
2020.01.07
第22回 ドラッグストアチェーンのインバウンド戦略
2020.01.07
第21回 美容サービス業のインバウンド戦略
2020.01.07
第20回 アジア市場開拓へ向けた製品戦略
2020.01.07
第19回 訪日外国人の化粧品消費動向と化粧品メーカーのインバウンド戦略
2020.01.07
第18回 訪日外国人の消費動向
2020.01.06
第17回 東アジア4カ国・地域の化粧品市場の概況
2020.01.06
第16回 韓国有名ショップブランドの業績
2020.01.06
第15回 受託メーカーのアジア戦略
2020.01.06
第14回 化粧品専門店「セフォラ」の中国戦略
2019.12.03
第13回 日本のエステティック業のアジア戦略
2019.12.03
第12回 日本の理美容業のアジア戦略
2019.11.27
第11回 Unilever GroupのASEAN戦略
2019.11.18
第10回 インドネシアのムスリム向け化粧品の動向
2017.01.27
第9回 韓国化粧品メーカーのアジア戦略②
2016.04.26
第8回 韓国化粧品メーカーのアジア戦略①
2016.02.26
第7回 ASEAN主要5カ国の化粧品トレンド
2015.10.30
第6回 アジア開拓の重要キーワード「中間層」
2015.04.15
第5回 アジア開拓の重要キーワード『伝統的小売業』
2015.03.09
第4回 中国化粧品市場の概況
2014.12.19
第3回 ASEAN主要5カ国化粧品市場の概況
2014.10.10
第2回 アジア開拓の重要キーワード「ハラール」
2014.07.24
第1回 アジア開拓の重要キーワード『BOP』

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 3月30日 12時30分
    花王、「プラスチック製アイキャッチ...
  2. 2位 3月31日 11時00分
    ポーラ化成、環境にやさしく機能に優...
  3. 3位 3月31日 10時30分
    花王、木綿表面の特殊な水・結合水の...
  4. 4位 3月31日 10時00分
    ポーラ、遅咲きのエースが現場起点で...
  5. 5位 3月31日 10時00分
    旭化成ファインケム 奈須社長、プロ...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 3月31日 11時00分
    メナード、肌の幹細胞に真皮における...
  8. 8位 3月31日 14時00分
    中野製薬、2019年9月に新シリー...
  9. 9位 3月30日 11時30分
    コーセー、メイクキープミストが総出...
  10. 10位 3月31日 12時00分
    サン・スマイル、ロングセラーのシー...
  1. 1位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 3月26日 09時30分
    ライオン、NONIOから爽快な刺激...
  5. 5位 3月26日 10時30分
    コーセー、コスメデコルテから新感触...
  6. 6位 3月25日 13時00分
    平和化学工業所、環境対応型容器の専...
  7. 7位 3月26日 13時30分
    アース製薬、2019年12月期決算...
  8. 8位 3月30日 12時30分
    花王、「プラスチック製アイキャッチ...
  9. 9位 3月27日 15時45分
    化粧品容器・パッケージ、プラ代替な...
  10. 10位 3月25日 14時00分
    廣川、片手で簡単開封のイージースナ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  4. 4位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 9月28日 10時00分
    WOORELL鈴木蘭々社長、理想の...
  7. 7位 3月6日 10時30分
    資生堂、組織の一部改正・人事異動(...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 3月4日 10時00分
    ドラッグストア、業界全体が新しいス...
  10. 10位 3月4日 09時30分
    ライオン創業者・小林富次郎氏の葬儀...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ