2019年10月14日 09時00分

週刊粧業2019年10月14日(第3180号)

週刊粧業 2019年10月14日号 12ページ

%e9%80%b1%e5%88%8a%e7%b2%a7%e6%a5%ad2019%e5%b9%b410%e6%9c%8814%e6%97%a5%e5%8f%b7

■特集/海外化粧品
◎花王(モルトンブラウン)~英国「モルトンブラウン」から大型新製品、2025年にアジア売上を現状の4倍へ
◎コーセー(タルト)~米国子会社と協働で「Awake」刷新、全製品「ヴィーガン処方」で新客開拓へ
その他掲載企業/シスレージャパン、エスティ ローダー、MB Lab
■花王、ESG戦略の具体的策を発表~ESG視点で3つのイノベーション推進
◎2020年春、「ESG」視点盛り込んだ新ブランドを欧米で展開
◎グローバル展開では、将来的な連携も視野に
■油脂工業会館、第19回油脂優秀論文賞受賞講演会を開催~濱理事長、研究・学会活動で培った技術・人脈が経営活動の礎に
■資生堂、魚谷社長の2024年までの続投を決定~中長期的な価値向上とともに後継者育成へ
■住友商事、化粧品事業の新会社を設立
■オルビス、日本最大級の顧客満足度調査で5年連続1位に
■花王、6年連続でDJSI Worldの構成銘柄に選定
■メジャーチャイナ、中国市場における日本のコスメブランド最新情報
■2019年7月の化粧品、金額1.1%増、3カ月ぶりのプラス成長~主要3分野がプラス推移もUVケア関連が大幅減に
■2019年7月の家庭用洗浄剤、金額9.5%増、今年6度目のプラス成長~身体用洗浄剤除く全品目がプラス、3品目が2ケタ増に
■アルビオン、「ファンデーション フェス 2019」を開催~年に1度のイベントに東京・大阪合わせて延べ8000人が来場
■プラネット、基幹EDI事業はユーザー数・接続件数とも増加
◎通信フォーマット切替の影響で微増収減益
■中国クチコミ分析で探る「美」のツボ(執筆者/株式会社トレンドExpress 中国トレンドExpress 編集長 森下智史氏)第6回~欧米ブランド中心の中国メーク市場、日本ブランドが切り込めるか?
■サンスター、男性向け新ブランド「MAGMAS」投入
■日本浴用剤工業会、「いい風呂の日」キャンペーンを展開
■ヒット商品母子手帳/第250回 NOIN「Tioo(ティオ)」~EC事業の知見からヘアオイルを発売
■花王、ファンデ塗布肌の硬さと閉塞感の高い相関性を確認
■日本メナード化粧品、化粧品に対する「ときめき」感情の数値化に成功
■ポーラ化成工業、特定の表情筋の鍛錬が豊かな表情を作ることを発見
■ライオン、妊産婦向けアプリ・Babyプラスに予防歯科情報を提供
◎日本歯科医師会と日本産科婦人科学会が妊産婦への予防歯科で連携
■資生堂、銀座にグローバルブランド「SHISEIDO」初の旗艦店~テクノロジーとヒューマンタッチを融合させた美の最新施設を来年4月に
■ファンケル、サプリメントの生産能力を3倍強へ拡大
■花王、GPIFが選定する全てのESG指数の構成銘柄に採用
■ザ・ボイス/インテグロ 代表取締役 神林美帆氏~生理用品の選択肢を広げ前向きに生きる女性をサポート


購読申し込みはこちらから行えます

人気記事ランキング

  • 粧業日報2014年4月4日(第13850号)

    2014年4月4日

    粧業日報2014年4月4日(第13850号)

    Icon ranking1

  • C&T2019年7月号(No.180号)

    2019年6月17日

    C&T2019年7月号(No.180号)

    Icon ranking2

  • C&T2016年4月号(No.167号)

    2016年3月15日

    C&T2016年4月号(No.167号)

    Icon ranking3

  • C&T2016年1月号(No.166号)

    2015年12月15日

    C&T2016年1月号(No.166号)

    Icon ranking4

  • 週刊粧業2015年10月19日(第2992号)

    2015年10月19日

    週刊粧業2015年10月19日(第2992号)

    Icon ranking5

  • 粧業日報2016年5月6日(第14336号)

    2016年5月6日

    粧業日報2016年5月6日(第14336号)

    Icon ranking6

もっと見る

アクセスランキング

  1. 1位 11月29日 10時00分
    化粧品業界、アフターコロナを見据え...
  2. 2位 11月29日 10時00分
    シーオーメディカル、「湘南美容まつ...
  3. 3位 11月28日 11時00分
    資生堂、唇の角層成分を包括的に解析
  4. 4位 11月29日 12時00分
    2022年ドラッグストアの化粧品販売戦略
  5. 5位 11月28日 12時00分
    ポーラ、「美肌県グランプリ2022...
  6. 6位 11月29日 12時00分
    ロゼット、東洋思想から着想を得たス...
  7. 7位 11月29日 11時00分
    ライフスタイルカンパニー、自社コス...
  8. 8位 11月29日 14時00分
    伊勢半、マスクに付きにくいティント...
  9. 9位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  10. 10位 11月28日 13時00分
    ライオン、オーラルケアメディアセミ...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  5. 5位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  6. 6位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  7. 7位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  8. 8位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  9. 9位 11月23日 12時00分
    小林製薬、さぼったリングの企画品を...
  10. 10位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 10月31日 12時00分
    資生堂、触感を司る細胞が香り成分で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ