Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年生産性向上支援企業の最新動向

【週刊粧業】2019年生産性向上支援企業の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

総務省が先月発表した住民基本台帳に基づく2019年1月1日時点の人口動態調査によると、日本人の総人口は前年比43万3239人減の1億2477万6364人で10年連続の減少となり、1968年以降最大の減少数となった。主な働き手となる15~64歳の日本人生産年齢人口は、前年比61万3028人減の7423万887人(構成比59.49%)で、1995年を除き毎年減少している。こうした状況において、昨今ではあらゆる業界でIoTやビッグデータ、人工知能などを利活用し、生産性向上を推進する企業の動きが活発化している。今特集では、人手不足を補いながら生産効率を向上させるサービスやツールを提供する関連企業7社(宣工社、大塚商会、鈴与、大光印刷、関通、インサイトラボ、アーツ)の取り組みを紹介する。

発行日
2019年08月19日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.91メガバイト
ページの先頭へ