2011年化粧品業界を振り返って

2012年2月9日 20時13分

 富士経済がこのほど発表した2011年「化粧品のチャネル別市場調査結果」によると、震災による流通網の一時的な混乱や消費マインドの落ち込みが相まって、これまで成長の一途をたどってきたドラッグストアや通販を含め、全チャネルで縮小を余儀なくされた。

 しかし近年の傾向として、働く女性たちの多くは、仕事に追われ日中に買い物ができず、帰宅後にネット通販を利用して化粧品を購入するようになっている。そう考えると、2012年以降の国内化粧品市場は、通販、中でもネット通販が安定した成長を見込める希少な市場となりそうだ。こうした中、メーカー各社は、国内ネット通販市場および中国ネット通販市場参入の動きを加速させている。こうした動向が鮮明になったことが、2011年の化粧品業界において最も大きなトピックスであった。

 特に2012年4月にWebマーケティング(ネット通販)に参入すると発表した資生堂に多くの関心が集まった。また、発表は資生堂の後になったが、スタート時期は先行するかたちで、2011年12月からはコーセーが通販業の新会社「プロビジョン」を設立し、ネット専用商品の販売を開始。参入5年で年商100億円を目指している。両社とも強みである店販では獲得が難しかった働く女性層を取り込むことで、国内事業の立て直しを進める。

 海外市場では、特に中国ネット通販市場で日系メーカーによる争奪戦が激しくなってきた。資生堂が2011年9月より継続的な2ケタ増収を目指しネット通販を開始。通販専用商品「ピュア マイルド ソワ」で80后世代の開拓を進めている。オルビスも7月より通販の独自ショッピングサイトを構築・開設し、インターネットチャネルでの化粧品通販を本格的に開始した。ドクターシーラボも同じく7月に中国の現地法人を作って2012年夏よりビジネスを開始する体制を整えた。

 一方、「化粧品の効能の範囲の改正」が行われ、新たに56番目の表記として「乾燥による小ジワを目立たなくする」が追加されたことも2011年の化粧品業界におけるトピックスであった。これにより、保湿化粧品の訴求ポイントが増えたことは朗報といえる。しかしながら、シワの原因として「紫外線」を認めることが見送られたほか、肌悩みではシワと並ぶ悪しき一翼「シミ」の表記認可は迷宮入りしたままだ。

 さらなるシワの効能範囲拡大に向け、「紫外線」や「シミ」などにも踏み込んで厚労省と折衝を積み重ねていくことが、次なる成長への布石となり、ひいては化粧品市場の約半分を占めるスキンケア市場テコ入れの切り札となる。そういう意味で、粧工連の今後の取り組みは、極めて重要になってくるだろう。

 東日本大震災に際して、主要企業がスピード感を持って、現地のニーズに最大限配慮しつつ、企業の特徴を織り交ぜながら、資金と物資の両面から支援を申し出たことも粧業界における大きなトピックスであった。

 初動において危機対応力の高さと社会的責任を果たす姿を生活者に示せたことは、今後の事業展開に好影響をもたらすだろう。

化粧品業界基礎データはコチラ→http://special.syogyo.jp/products/detail.php?product_id=190


週刊粧業web版紹介.jpg

アクセスランキング

  1. 1位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  2. 2位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  3. 3位 9月30日 10時00分
    ピンククロス・水野貴史社長、目指す...
  4. 4位 1月30日 13時00分
    イオンリテール 井出武美社長、店舗...
  5. 5位 1月30日 12時00分
    ポーラ、新プロジェクト「FROM ...
  6. 6位 1月30日 10時00分
    Novera、AI画像認識の精度を...
  7. 7位 1月30日 13時00分
    小林製薬、2023年春は詰め替えで...
  8. 8位 1月30日 15時00分
    ナリス化粧品、未利用資源の活用を推進
  9. 9位 1月31日 13時00分
    ちふれ化粧品、人気の保湿シリーズを...
  10. 10位 1月31日 13時00分
    セブン&アイHD第3四半期、日米コ...
  1. 1位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  2. 2位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  3. 3位 1月25日 10時00分
    コーセー、アマンへOEM受託による...
  4. 4位 1月26日 11時00分
    花王、環境中の新型コロナウイルスを...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 1月25日 11時00分
    SHISEIDO、ブランドアンバサ...
  7. 7位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  8. 8位 1月24日 13時00分
    資生堂、世界初 肌内部の散乱光を解...
  9. 9位 1月23日 12時00分
    ファンケル、ビール製造時の副産物か...
  10. 10位 1月26日 12時00分
    アルビオン、加熱高圧乳化法を活用し...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  4. 4位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  5. 5位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 12月26日 15時00分
    コーセー、大谷翔平選手とグローバル...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ