【ボディソープ・ボディシャンプー市場分析調査】横ばい続く一方で香りの品揃え充実させたパーソナル製品が伸長

週刊粧業

2012年4月13日 19時29分

Img1297 1 thumb 240x179 4799

 2011年身体用洗浄料(ボディソープ・ボディシャンプー)の市場規模は、昨年(2010年)とほぼ変わらず約500億円で推移し、価格競争による単価ダウンの傾向もやや落ち着いた。ただし、世帯数の減少傾向は変わらないため、今年(2012年)は夏期の天候が近年並みの猛暑と仮定した場合でも、前年並みか微減で推移することが予想される。

 こうした中、若い女性をターゲットにしたパーソナル製品が香りの品揃えを充実させたことで、前年比106%と伸長。市場構成比も11%と上昇し、マーケットサイズは55億円まで拡大している。女性に限らず、男性向けのパーソナル製品も増加傾向にあるといわれており、今後の動向に注目が集まる。一方の固形石けん市場は、前年比98%の約160億円で身体用洗浄剤と同様、ほぼ横ばいとなっている。

市場のニーズは「美肌づくり」が拡大
トレンド踏まえた付加価値品に注目

 身体用洗浄剤の市場シェアは、花王「ビオレu」、ユニリーバ・ジャパン「ダヴ」、KHP「ナイーブ」の有力3ブランドが市場の約5割を堅持し、固形石けん市場については牛乳石鹸と花王の国内メーカーと外資メーカーが上位を占める勢力図に大きな変化はなかった。

 また、使用率の内訳では身体用洗浄剤が7割、固形石けんが3割と、こちらもほぼ横ばいで推移している。

 商品に求められる付加価値については、「肌へのやさしさ」「仕上がり感」「香り」のニーズが依然として高い。

 今回取材したメーカーの製品動向をみると、こうした市場ニーズに加え、バスタイムのひとときを家族で楽しむファミリーユース製品に焦点をあてるメーカーや、伸長しているパーソナル製品に重点を置くメーカーの取り組みが印象的だった。

 パーソナル化が進んでいる市場で代表的なヘアケアでは、「スカルプ」「ノンシリコン」など高付加価値をうたった製品やブランドが相次いで投入されている。それに比べ、ボディソープ市場におけるパーソナル化は進んでいないとする意見は少なくない。

 一方で、若い女性を中心に身体洗いに対する意識の変化が起こっているのも事実。これまで身体を洗うことは単に汚れ落としが一般的だったが、近年は美容雑誌などの影響から、身体を洗うことが「美肌をつくる美容行動」にまで変化してきている。こうしたことから、「身体に負担をかけない」「マッサージを兼ねて洗う」といったニーズが派生し、泡タイプによるボディの手洗いが伸長しているという。

 また、「香り」ニーズの高まりを受け、メーカー各社は香りの提案を強化している。さらに、最近では、バスタイムで香りを楽しむことに加え、「乾燥ケア」を行うことも一つのトレンドとして注目されつつある。

 これは、自身が乾燥敏感肌と感じる女性が増えてきていることが要因であり、今後はこうしたトレンドに応え得る、価値ある商品の投入が市場活性化につながるものと予想される。

あと32%

続きを読むには会員登録が必要になります

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月17日 14時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  2. 2位 2月17日 09時30分
    コーセー、「サロンスタイル ビオリ...
  3. 3位 2月17日 16時00分
    ナリス化粧品、大阪市女性活躍リーデ...
  4. 4位 2月17日 15時00分
    エテュセ、新たなコンセプトのもと中...
  5. 5位 2月14日 16時00分
    敏感肌コスメ市場、17年連続増で2...
  6. 6位 2月17日 14時30分
    日本ドラッグチェーン会、マツモトキ...
  7. 7位 2月17日 10時30分
    資生堂、男性がん患者のための小冊子...
  8. 8位 2月17日 11時30分
    花王、消費者志向経営で「消費者庁長...
  9. 9位 2月13日 12時30分
    石洗組合、新春懇親会で若い世代が希...
  10. 10位 2月14日 12時00分
    花王、キュレルの「潤浸保湿フェイス...
  1. 1位 2月10日 12時30分
    ティアーズ、新製品発表会を開催
  2. 2位 2月13日 11時30分
    ユニ・チャーム、GPIF選定のES...
  3. 3位 2月12日 12時30分
    ポーラ化成工業の松尾研究員、化粧品...
  4. 4位 2月10日 16時00分
    GEウェルネス、日本古来の美容法を...
  5. 5位 2月10日 10時00分
    ソフィアリンクス 三原代表、中国化...
  6. 6位 2月13日 14時30分
    花王、高級スカルプケアブランド 「...
  7. 7位 2月7日 14時30分
    2019年11月の家庭用洗浄剤出荷...
  8. 8位 2月12日 14時00分
    ディセンシア、直営店でユーザーとの...
  9. 9位 2月10日 14時30分
    コーセー、肌バリア機能を簡便かつ迅...
  10. 10位 2月10日 12時00分
    明色化粧品、新スキンケアブランド「...
  1. 1位 1月28日 11時00分
    コーセー、「雪肌精」のグローバル化を加速
  2. 2位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  3. 3位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  6. 6位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 1月28日 14時00分
    中国ECモール化粧品売上高トップ3...
  9. 9位 1月17日 16時00分
    日本コルマー、化粧品開発展で価値創...
  10. 10位 2月4日 09時30分
    花王グループ、「バイオミメシス ヴ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ