HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝った女手で年商100億円到達

C&T 2013年3月15日号 68ページ

2013年5月10日 14時53分

Ct20130315 10

 災い転じて福――。先達が残した珠玉の言葉は、やはり多くの事実が紡いだ真理を表現しているのかもしれない。

 独創性と成長力を兼ね備えた通販会社が多い福岡県にまた1社、売上規模で100億円を超える企業が誕生した。基礎化粧品や健康食品のほか下着を展開しているHRK(本社=福岡県筑紫郡)は、創業者の岩本初恵氏が病気を克服する過程で健康志向に目覚めたことを出発点に、1998年に1人で立ち上げた前身エイチ・アール・ケイ・ハルカの売上高を2012年9月期に100億円台に到達させている。

 起業と成長の背景には、独立開業者として明暗ともに噛み締めた岩本氏が、会社経営に転じて周囲を巻き込んだ一種の「人生劇場」が見える。

 

「とにかく健康になりたい」と渇望

病が引き寄せたともいえる新しい人生

 

 ――1998年、どのような将来像を掲げて貴社を立ち上げたのですか。

 岩本 私自身が会社を作ろうと思ったことは一度もない。

 かつて病気を患い、処方される薬がどんどん増えることに抗って「どうにかして健康になりたい」と願う中、自分の身体を使っていろいろな研究をしてみた。

 そうして願望を叶えた経験を「第二の人生」と名付けた本にまとめ、しばらくの間知り合いに「悩んでいたらやってみて」と配り歩いた。いってみたら趣味だが、これがHRKの出発点ということになる。

 私は高校を卒業するとすぐにダイエーに就職した。ところが、半年もすると「自分で何かをやりたい」と志してスナックを開業した。父とは「(店主が)酒を飲まない店としてやること」を約束したことから、一滴も飲まずに今日まできている。

 未経験にもかかわらず、お陰さまで店は早々に流行った。店主が飲まないから「大袈裟に料金を取られる心配がない」という評判が生まれたほか、来店すると「ストレスがとれる」などの声でお客様がお客様を呼び、先々まで予約でいっぱいなるほど繁盛した。

 掃除や仕込みから接客まで1人でこなしていたが、やがて子供が生まれると睡眠不足が原因で自律神経失調症を患った。最初はそんな自覚は無かったが、病院へ行くと医師にそう診断された。胃薬、便秘薬、肝臓の薬と、私の疑問をよそにどんどんと薬が増えていく頃、十数年も続いた店を閉じる決断をするしかなかった。

 薬に頼りきる方法を最善と思えなかった私は、自分自身でいろいろと調べることを始めた。すると、私の場合は冷え症を克服することが一番に大切という仮説にたどり着いた。根源を断たないことには、体調どころかお通じもシミも改善しないと気づいた。

 足は“第2の心臓”といわれていることから、足を冷やさないため既成品のストッキングを買い集めて片っ端から使ってみた。それでも、私が望んだ歩くたびにマッサージ効果が得られる「段階式」の製品は無く、これはオーダーしかないと分かった。

 求めるストッキングを実現するため、依頼先探しでは直接足を運んで相手さまに要望を伝えた。沖縄や長崎など、約1年間を費やして四十数社の工場を歩き回った。ただ、反応は「段階式は作れない」という技術的な問題や、「個人を相手にできない」とする契約上の壁や、生産量もネックになって理解者に出会えなかった。

 そうするうち、現取引先であるメーカーが「やってみましょう」と快諾してくれた。私の熱意にほだされ「100枚でも作ってみましょう」と、1年がかりで生産者探しの旅がゴールに達した。この時の感謝を忘れないから、当社は縁のあった業者さんを入れ替えないようにしている。

 自分のために作ったストッキングを同じ悩みを持つ知り合いに譲ると、評判が紹介を生んで独り歩きを始めた。頼まれて譲ることを重ねるうち、思いがけずビジネスのようになっていた。

 1人で行う生産依頼や発送作業を見かねた銀行さんに、ある時「会社にした方がいいですよ」と促された。こうして1998年にまるっきり1人で会社を立ち上げた。2年後、「商売になるかも」と感じるまで1人だった。

あと78%

こちらの記事はC&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月7日 11時30分
    花王、緊急事態宣言を受け出社禁止措置へ
  2. 2位 4月7日 10時30分
    花王、「リリーフ アクティブ吸水ナ...
  3. 3位 4月8日 10時00分
    花王、在宅勤務時のメーク実態を調査
  4. 4位 4月3日 10時30分
    花王、ワイドハイターから5大悪臭対...
  5. 5位 4月7日 12時30分
    コーセー、現役美容部員が自社通販サ...
  6. 6位 4月8日 11時30分
    肌が綺麗だと思う芸能人1位は、3年...
  7. 7位 4月7日 10時30分
    ライオン、日本水環境学会「ライオン...
  8. 8位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  9. 9位 4月8日 12時30分
    コーセー、組織再編でトラベルリテー...
  10. 10位 4月8日 09時30分
    ミキモト、シワ改善と美白を兼備した...
  1. 1位 4月2日 10時00分
    アスツール、マスク・消毒液を安い順...
  2. 2位 4月7日 11時30分
    花王、緊急事態宣言を受け出社禁止措置へ
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月2日 15時30分
    資生堂、新ブランド「BAUM(バウ...
  5. 5位 4月6日 11時30分
    花王小田原事業場、いきもの共生事業...
  6. 6位 4月7日 10時30分
    花王、「リリーフ アクティブ吸水ナ...
  7. 7位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  8. 8位 4月6日 16時30分
    コーセー、アルコール配合ハンドクリ...
  9. 9位 4月2日 13時30分
    ポーラ、「モチベーションチームアワ...
  10. 10位 4月7日 12時30分
    コーセー、現役美容部員が自社通販サ...
  1. 1位 4月2日 10時00分
    アスツール、マスク・消毒液を安い順...
  2. 2位 4月7日 11時30分
    花王、緊急事態宣言を受け出社禁止措置へ
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 3月13日 12時00分
    化粧品業界に与える新型肺炎・新型コ...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 3月16日 13時30分
    資生堂、毛髪再生医療による壮年性脱...
  10. 10位 3月16日 14時30分
    ホシケミカルズ、環境配慮で時短も叶...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ