石井康智社長に聞く、Dear Lauraの採用基準

粧業日報 2016年10月21日号 3ページ

2016年10月24日 13時00分

Sn20161021 3

大切なのは失敗を恐れないポジティブ思考、
難局でも勝ち抜ける攻めの姿勢を重視

 Dear Lauraでは昨春の大型設備投資に伴い、関係部署における人材拡充を進めてきた。リスクを厭わず、逆境を克服し続けてきた石井康智社長は、自ら実践してきた失敗を恐れない、ポジティブな発想を持った人材を求めている。

 その一方で、社員が安心して長く務められる社内環境にも力を注ぎ、ひいては社会に寄与できる企業として発展を続けていきたいとしている。

 ――近年、採用を強化している部署はどちらになりますか。

 石井 R&D、OEM営業部、国際部になる。昨年4月に物流センターと第2工場を稼働させるなど大規模な設備投資を行った。それまでの5年間、OEM事業は規模の小さいものだったが、工場拡張に伴い、本格的にOEM事業を行うと対外的に発信を開始し、OEMの営業を強化することになった。また、これまで自社ブランドを製造する化粧品メーカーだったが、他社のOEM、ODMに応えるには自ずと研究開発にも注力することにもなった。

 国際部については、人口減少が続く国内マーケットが縮小していくことを見据え、日本製品に対する愛着と憧憬のあるアジアに目を向けずにはいられないと判断した。私はもともと商社の出身であり、海外とのやりとりは本職である。そこでそのアジアのニーズに応えられる受け皿として3年前に国際部を新設し、グローバルな対応ができる人材を育成してきた。

 よって、採用時にはこれら3つの部署を中心に増員を考えている。

 ――求人募集はどのようにしていますか。

 石井 R&Dではある程度専門性が必要とされる。役員や幹部社員の中には異なる化学系専門学校の出身者がおり、それぞれの出身校に働きかけて人事担当者と友好な関係を築き、募集をかけている。この成果もあって今年で3年連続生徒を採用できた。

 それ以外の人員は一般募集になる。国際部の場合は英語のスキルとしてTOEIC800点以上を目安にしているが、英語力はあくまでもツールであり、それ以上に求めるのはグローバル社会でわたり合えるバランス感覚である。英会話ができても、それだけでは単に商品を右から左に売るだけ。先様との末長いお取引で良い関係を構築するには会社の姿勢と担当者の資質が重要になってくる。

 よって私は、むしろ人物本位であると考える。しかし、面接でそれを完全に見極めるのはなかなか難しいものだ。

 ――採用にあたり重視するのは何ですか。

 石井 サラリーマン故なのか、保守的な考えを持つ人が若い人に限らず中堅、幹部社員にも少なくない。先々への不安から慎重になってしまうようだ。中堅幹部を含めて消極的というか、NOから入る傾向が高い。私が求める人物像はポジティブで、「NO」を「YES」に転換できる人だ。

 これからは厳しい時代が続き、市場を取り巻く環境も変わっていくだろう。このような変化に順応し、勝ち抜いていく人材なら難局にもめげずにポジティブに対応できる。これからはそのような人材が重宝される。採用面接ではこの点を探るようにしている。

 OEMの営業は会社に引きこもっているのは論外で、だからと言ってルートセールスや御用聞き的な営業でもダメ。攻めの姿勢でクライアントを唸らせるような提案をもってどんどん前に出て行かなくてはならない。私がブレーキをかけなくてはいけないくらいの積極性が求められる。「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ということわざのように、自ら新たなビジネスチャンスを創り出してものにするのが営業の醍醐味である。

 ――失敗を恐れてはいけないのですね。

 石井 私は前向きな失敗を責めたりはしない。積極性を求める以上、失敗した場合の責任は追及しないという寛容さも持ち合わせている。そうしなければ社員は萎縮してしまう。結果が裏目に出たとしても、私はトップとしてそれを共有する覚悟だ。サラリーマン的な保身の憂いを軽減できる体制づくりに努めたい。

 ――女性の採用も多いのでしょうか。

 石井 近年、女性社員の比率が上がっており、産休、育休への対応を進めている。今月も産休から復帰した社員がいるが、家庭優先でやるようにと指示した。そうでないと本人も不安に感じるだろうし、他の女性社員への影響もある。社員あっての会社であり、会社としても多少の犠牲を払ってでも長く務められる体制を整えていく。少子高齢化は致命的な問題であり、この問題解決に寄与し、下支えをするのは日本国民としての義務である。今後は介護離職問題にも対応していくことになる。

 ――未来の応募者を意識した取り組みは行っていますか。

 石井 応募者は事前にインターネットなどで当社の記事を目にすることがあるだろう。ネールや二重まぶた商材といったニッチなカテゴリーでブルーオーシャン的な戦略をとり、業界で異彩を放ち続けていくことが求職者へのアピールになると考えている。

 今の時代、破壊と創造をくり返さないと会社は生き残れない。クリエイティブなマインドは、ネガティブは発想からは生まれない。逆境をチャンスと捉え、飛躍につなげる――凪よりも荒波の方がビジネスチャンスは多いものである。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月1日 13時00分
    フォーデイズ、ロングセラー美容液が...
  2. 2位 3月31日 10時30分
    花王、木綿表面の特殊な水・結合水の...
  3. 3位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  4. 4位 3月31日 11時00分
    ポーラ化成、環境にやさしく機能に優...
  5. 5位 4月1日 14時30分
    資生堂、中国・上海に新たな研究開発...
  6. 6位 4月1日 11時30分
    花王、カウンセリングブランド「アル...
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 4月1日 10時00分
    ウテナ、ゆず油リニューアルでエシカ...
  9. 9位 3月30日 12時30分
    花王、「プラスチック製アイキャッチ...
  10. 10位 4月1日 10時30分
    ファンケル、40周年を機に直営店ス...
  1. 1位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 3月30日 12時30分
    花王、「プラスチック製アイキャッチ...
  4. 4位 3月26日 09時30分
    ライオン、NONIOから爽快な刺激...
  5. 5位 3月26日 10時30分
    コーセー、コスメデコルテから新感触...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 3月26日 13時30分
    アース製薬、2019年12月期決算...
  8. 8位 3月27日 15時45分
    化粧品容器・パッケージ、プラ代替な...
  9. 9位 3月27日 12時00分
    グラセル、環境対応型容器は新製品が続々
  10. 10位 3月26日 12時30分
    ユニ・チャーム、3年連続で健康経営...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  4. 4位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 9月28日 10時00分
    WOORELL鈴木蘭々社長、理想の...
  7. 7位 3月6日 10時30分
    資生堂、組織の一部改正・人事異動(...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 3月4日 10時00分
    ドラッグストア、業界全体が新しいス...
  10. 10位 3月4日 09時30分
    ライオン創業者・小林富次郎氏の葬儀...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ