マツキヨココカラ&カンパニー、グループ4拠点で新体制がスタート

粧業日報 2021年11月1日号 3ページ

カンタンに言うと

  • 事業会社の本部機能一元化でシナジー追求
  • 商品開発がグループシナジーの最大のポイント
マツキヨココカラ&カンパニー、グループ4拠点で新体制がスタート
 マツキヨココカラ&カンパニー(松本清雄社長)はマツモトキヨシグループおよびココカラファイングループの2つの事業会社と、シナジー創出会社、MCCマネジメントを傘下に置く。MCCマネジメントは2つの事業会社の営業、システム、物件開発、人事・財務の本部機能を一元化することで、シナジーを追求する。

 MCCマネジメントの取締役を兼務する松本貴志専務(マツモトキヨシグループ社長)は、「様々な分野で共通化を進めることでシナジーを最大化する。その過程でスリム化される部分が出てきて、オフィスの最適化が進んでいく」と語る。

あと90%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > マツキヨココカラ&カンパニー、グループ4拠点で新体制がスタート

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop