一丸ファルコス、水の代わりに高配合可能な発酵水を新たに開発

週刊粧業 2024年5月16日号 5ページ

一丸ファルコス、水の代わりに高配合可能な発酵水を新たに開発

 一丸ファルコスは、水の代わりに使用・表記できる化粧品成分の開発を推進し、化粧水などスキンケア製品の付加価値化をサポートする。今年12月には、水代替の新規原料として「アロエベラ発酵水(仮)」(表示名称「乳酸桿菌/アロエベラ葉汁発酵液」を発売する。

 アロエベラ葉汁を、岡山産白桃由来の乳酸菌を用いて発酵させた発酵水で、確認されたエビデンスや用いた発酵技術などの情報については、夏季に開催する自社オンラインセミナーにて先行解禁する予定だ。

あと71%

週刊粧業の有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 一丸ファルコス、水の代わりに高配合可能な発酵水を新たに開発

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop