壽商会、話題の原料から汎用品までを提案

週刊粧業 2024年6月3日号 8ページ

カンタンに言うと

  • 有効成分高配合の中国製品に注目
壽商会、話題の原料から汎用品までを提案

 壽商会(村上克彦代表取締役)は話題性のあるものから汎用品まで、幅広い化粧品原料を提案している。化粧品の輸出先の1つの中国では、近年国内の化粧品メーカーがシェアを伸ばしつつあり、多くの安価な製品の一方で、有効成分を欧米並みに高配合することを訴求したブランド製品が増えている。

 これに対し村上代表は「made in japanの威光は、微量添加であっても継続できるだろうか」と疑問視する。酵素合成技術によるペプチドを得意とするリードライン社と代理店契約を締結し、昨年のCITE JAPANから積極的に製品を提案している。

 代表的な製品のWrinFix-Px(ヒドロキシプロピルテトラヒドロピラントリオール)は可溶性グリコサミノグリカンの分泌を促進することで、細胞外マトリックスの水分を維持し、真皮と表皮の接合部のコラーゲンとラミニンの産生を促進する。これによって、表皮とDEJがより強固に結合し、肌のハリと弾力が改善される。

 UltraHear-Pro(トリペペプチド-1銅)は元々、体内にある成分で、損傷した組織を迅速に修復し、炎症を抑える効果がある。水溶性で美容液からクリームまで、幅広く使用できる。化粧品表示名称を申請中のAntiOxd-AC(アセチルカルノシン)はヒスチジンとアラニンのジペプチドであるカルノシンをアセチル化することで、安定化させ、抗糖化・抗シワ・抗炎症などの作用が期待できる。

 Glutathione(グルタチオン)は優れた抗酸化・美白機能があり、チロシナーゼの活性を阻害し、メラニンの生成を抑制するペプチドのひとつである。同社は世界初の全酵素法(固定化酵素)で製造しているため、不純物が極めて少ない製品となっている。

 WrinFix-H8(アセチルヘキサペプチド-8)は、目の下のシワを短時間で改善する。SNARE複合体タンパクの形成を抑制することで、アセチルコリンの放出を抑え、筋神経シグナル伝達を阻害し、筋肉の収縮を抑制する。

ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 壽商会、話題の原料から汎用品までを提案

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop