連載コラム

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史 吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

2012.08.06 第10回 韓国化粧品のビジュアル戦略
 化粧品を購入する時に影響を与える要素は口コミ、パッケージ、ブランドネームなどさまざまである。  化粧品は美しさを訴求するだけに、イメージが大事であり、そのイメージを作るのにモデルの役割は大きい。特定の化粧品を思い浮かべる時に、自然とそのモデルを連想してしまうからだ。  その時代に一番ホットな話題となる人気のスターや俳優が化粧品モデルになるのは、今も昔も変わらない。化粧品のモデルをやって...
2012.05.11 第9回 容器で競争力をつける
 韓国化粧品市場は毎年成長を続けており、消費者からは商品力や手ごろな価格だけでなく、独特な容器を求めるニーズが高まっている。最近ではユニークな容器やパッケージなどデザインで差別化をはかる傾向にある。すでに化粧品の容器は単なる"イレモノ"ではなくなってきている。主要成分の表示やかわいらしさの訴求に加え、企業哲学を反映させたものなど、斬新な容器で消費者の目を引こうとする動きが...
2012.03.12 第8回 韓国における日本の化粧品
 韓国において日本の化粧品は品質がよいというイメージが強い。同じアジア人種なので基礎化粧品は韓国人の肌に合い、なおかつメークアップ製品は品質の高さと独特なデザイン、斬新なアイデアなどで人気を集めている。  最近は韓国ブランドも人気が高まっているし、原発問題で日本製品全般に対する不安感はあるが、それでも認知度の高いブランドは継続的に韓国市場に挑戦して成果をあげている。  韓国で販売されてい...
2012.03.01 第7回 韓国化粧品のサンプルマーケティング
 韓国のブランドショップを訪問すると、他国ではあまり見られない独特な販売方式を見ることができる。製品を購入すると無償サンプルを沢山つけてくれるのだ。  これは製品の広告および市場テストと、韓国の「情」という文化が結合してできた独特なマーケティング方式である。店舗販売だけではなく、オンライン販売や雑誌でも様々なサンプルマーケティングが行われている。 1.店舗のサンプルマーケティング  韓...
2012.02.22 第6回 韓国化粧品のオンラインマーケティング
 IT技術の活用は化粧品業界も例外ではない。各企業はオフライン店舗だけでなく、オンラインマーケティングにも力を入れている。最近は大手企業からブランドショップ企業までオンライン販売サイトを作るようになった。個人のブログやオンラインコミュニティ、さらにはスマートフォンなどのIT機器の発達により、ツイッターやフェイスブックなどソーシャルネットワークまでマーケティングの領域は広がり、かつ進化している...
2012.02.14 第5回 成長著しいビューティフード市場
 最近、韓国の化粧品業界ではビューティフード、つまり美容食品が新たな収益モデルとして脚光を浴びつつある。  健康と美は直結するという理論が一般的に広く知られるようになり、多くの化粧品メーカーが美容・健康食品を市場に導入している。美容食品を高級化・差別化につながる商材として積極的に取り入れており、肌に塗布するだけではなく中からも有効成分を取り入れて肌が本来持つ力を高めるという切り口で、化粧品...
2012.01.31 第4回 韓国ブランドショップの化粧品ビジネス
 2010年、韓国化粧品の市場規模は7兆9000億ウォン(消費者価格基準)と8兆ウォン台突破も目前に迫っている。  化粧品市場は2005年に底を打って以降、上向きに転じ、以来、毎年成長し続けている。特に2010年は「ARITAUM(アリタウム)」と「BEAUTIPLEX(ビューティプレックス)」をはじめとするマルチブランドショップが前年比20.1%増と急成長し、市場をけん引した。 参考統...
2012.01.19 第3回 韓国百貨店の化粧品ビジネス
 化粧品流通チャネルとしての百貨店  韓国の化粧品市場における百貨店の占有率は2010年基準で約26%である。百貨店の化粧品売り上げは1980年代から伸び続けており、その競争力は他のチャネルに類を見ない。2010年現在、国内最大手のロッテ、新世界、現代の約80店舗で、百貨店売り上げ全体の約9割を占める。  2010年、百貨店の化粧品売り上げ  2009年から上向きとなった韓国国内におけ...
2012.01.11 第2回 メディカル化粧品の現状
 メディカル化粧品は機能性化粧品のマーケティングから生まれた。  最近韓国の化粧品業界で話題になっているのがコスメディカル、コスメシューティカルというメディカル化粧品である。  「コスメディカル」は化粧品を意味するコスメティックと、医療を意味するメディカルを合わせて作られた言葉であり、「コスメシューティカル」はコスメティックとファーマシューティカルの合成語である。  しかし、メディカ...
2011.12.26 第1回 韓国化粧品市場の動向
 韓国の化粧品と言ったら、先ず浮かび上がるのはBBクリームである。韓国の化粧品産業の本格的な発展にこのBBクリームが莫大な影響を及ぼした事は間違いないが、今はほとんどのブランドメーカーがBBクリームを持っているし、最近は色々な機能を添加したり、男性用の製品もリリースしたり、第2のBBクリームになれるような新しいアイテム(発酵化粧品、蜂毒化粧品、幹細胞化粧品など)の開発にも励んでいるなど、韓国...

プロフィール

執筆者:吉田武史 吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

東京理科大学薬学部在学中に行政書士国家試験に合格し、吉田法務事務所を開業。卒業後は薬剤師とのダブルライセンスで薬事許認可業務の代行申請、コンサルタント業をスタート。薬事専門の法務家として、国内外で活動中。今年8月には日本で初の薬事法専門の学会である「一般財団法人日本薬事法務学会」を設立。

http://www.yakuji.net/

Img cat4

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 5月23日 12時30分
    東流社、第20回なとわ会を開催
  2. 2位 5月23日 10時40分
    資生堂、クレ・ド・ポー ボーテから...
  3. 3位 5月23日 11時40分
    小林製薬、2019年12月期第1四...
  4. 4位 5月24日 10時30分
    ライオン、キッザニア東京に節水を学...
  5. 5位 5月23日 13時30分
    ウォルマート第1四半期、国際部門不...
  6. 6位 5月21日 16時00分
    コーセー、夏肌を演出するスキンプロ...
  7. 7位 5月24日 11時30分
    全米主要チェーン2018年度決算、...
  8. 8位 5月21日 14時00分
    ポーラ、新感覚のカラフルなパウダー...
  9. 9位 5月22日 12時00分
    日本通信販売協会、機能性表示食品4...
  10. 10位 5月23日 11時20分
    油脂工業会館、恒例の定期講演会を開催
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  3. 3位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  4. 4位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル
  5. 5位 4月10日 12時00分
    吉田法務事務所、韓国化粧品規制の解...
  6. 6位 4月1日 12時00分
    ファンケル、研究ミーティングを特別開催
  7. 7位 4月10日 14時00分
    日本食品衛生協会、最適な化粧品試験...
  8. 8位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  9. 9位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  10. 10位 5月9日 12時00分
    せたがや行政法務事務所、大切なのは...
  1. 1位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  2. 2位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  3. 3位 4月10日 12時00分
    吉田法務事務所、韓国化粧品規制の解...
  4. 4位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル
  5. 5位 4月10日 14時00分
    日本食品衛生協会、最適な化粧品試験...
  6. 6位 4月1日 12時00分
    ファンケル、研究ミーティングを特別開催
  7. 7位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  8. 8位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  9. 9位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  10. 10位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ