Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年化粧品上半期、新製品個数 18.2%減、単価 53.0%増

【週刊粧業】2020年化粧品上半期、新製品個数 18.2%減、単価 53.0%増

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

週刊粧業がまとめた2020年上半期の化粧品新製品発売状況(1月1日~6月30日、粧業日報・訪販ジャーナル掲載分)では、個数が前年比18.2%減の445品目、平均単価が同比53.0%増の5514円となった。業界全体の高価格・高付加価値化の流れがうかがえるものの、個数ベースではスキンケアを除くすべてのカテゴリーが前年を下回っている。 経済産業省発表の20年1月~5月の化粧品出荷統計によると、個数は前年比11.7%減、金額は17.1%減で推移している。

発行日
2020年08月03日 
ページ番号
1ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.58メガバイト
ページの先頭へ